주요 기사 바로가기

<アジア杯>韓国敗退、主将・孫興民「体力的に疲れ…申し訳ない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.01.26 09:20
0
「何と言えばいいのか分からない。準備が十分でなかったようだ」。

26日、アラブ首長国連邦(UAE)アブダビのザイード・スポーツ・スタジアムで行われた2019アジアカップ準々決勝でカタールに0-1で敗れた後、サッカー韓国代表の主将・孫興民(ソン・フンミン、27、トッテナム)の表情は硬かった。自身3度目のアジアカップ挑戦だったが、決勝戦にも近づけなかった失望感のためだった。

孫興民は多くの期待と心配を同時に抱えて今大会に臨んだ。孫興民は昨年のジャカルタ・アジア競技大会への出場もあったため、大韓サッカー協会とトッテナムの協議の末、今大会のグループリーグ第3戦の中国戦から合流した。

昨年10月のAマッチから3カ月ぶりに代表チームに合流した孫興民は、所属チームのトッテナムで見せた攻撃力をそのまま発揮するという気持ちでアジアカップに挑戦した。しかし3、4日ごとに試合に出場し、体力の問題も心配された。結局、これは現実として表れた。

グループリーグの中国戦で88分間プレーした孫興民は、決勝トーナメント初戦のバーレーン戦では延長を含む120分間の激戦をし、準々決勝のカタール戦にフル出場した。トーナメントで孫興民の足は重く、目を引くような攻撃力も普段より少なかった。

孫興民は「体力的に疲れていた」と認めた。孫興民は「自分がもう少しうまく準備すべきだった。ここに来てからコンディションが良い時がなかった。夜もよく眠れなかった。そのような部分が残念だ」と話した。続いて「次は良くなるだろうだと考えたりしたが、自分のためにうまくいかないようで責任感を感じた」と語った。

2011年大会で3位、2015年大会で準優勝を経験し、今大会位は8強で終わった孫興民は「アジアのチームとの対戦でも簡単に勝てる相手はない。もう少し考え方自体が変わらなければいけないと思う」と話した。以下は孫興民との一問一答。

--あまりにも残念な敗戦だ。

「誰よりも自分が物足りなかった。何と言えばいいのか分からない。自分が十分に準備できていなかったようだ。体力的に疲れていた。もう少しうまく準備すべきだった。このような競技力でみんなを失望させて申し訳ない」

--体力的な問題に関する指摘が多い。

「このような話はしにくいが、ここに来てからコンディションが良い時がなかった。夜もあまり眠れなかった。十分に睡眠を取ろうとしたが、残念だった。もっとうまくやるべきだった。競技場では体力的な部分が問題だった。チームの期待もあり自分がやるべき部分は多いが、体力的なものも重なってあまりにもうまくいかないため、自分に腹が立った。次は良くなるだろうと考えたりしたが、自分のためにうまくいかないようで責任感を感じた」

--アジアカップではこれまでも残念な結果が多い。

「どう言えばいいのか。4年前は目の前で逃した。今回は残念な競技力だった。自分たちがどう受け止めるかによって変わる。アジアのチームとの対戦で簡単に勝てる相手はない。もう少し考え方自体が変わらなければいけないと思う。アジアにも強いチームが多い」

--主将としてどのような話をしたいか。

「自分よりも先輩たちはもっとやってきている。さらにしっかりと発展した姿を競技場の中で見せることしかない。所属チームに戻っても代表チームを考えながら、体を作る時も代表チームを考えてしなければいけない」

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP