주요 기사 바로가기

<サッカー>孫興民、バックタックルで退場…相手負傷で涙

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.04 13:06
0
イングランドプロサッカーのトッテナムのFW孫興民(ソン・フンミン、27)が今季3つ目のアシストをマークしたが、危険なバックタックルで退場となった。相手選手が負傷して涙を流した。

トッテナムは4日、英リバプールのグディソンパークで行われた2019-20プレミアリーグ第11節でエバートンと1-1で引き分けた。右ウイングで出場した孫興民は後半18分、デレ・アリの先制点をアシストした。ボールを奪った孫興民がアリにパスを出してゴールにつながった。

しかし孫興民は後半33分、アンドレ・ゴメスにバックタックルをした。孫興民のタックルにかかったゴメスはその後すぐにセルジュ・オーリエの足に掛かって足首を深刻に負傷した。

頭を抱えた孫興民は自らを責めて涙を流した。孫興民は警告は退場に変わった。個人通算プレミアリーグ2度目の退場となる。

数的劣勢となったトッテナムは後半ロスタイムに同点ゴールを許し、1-1で引き分けた。トッテナム(3勝4敗4分け、勝ち点13)はリーグ11位。

欧州サッカー統計専門サイトのフースコアドドットコムは孫興民に両チームで最も低い評点5.6点をつけた。トッテナムの同僚デレ・アリはスカイスポーツのインタビューで「孫興民が責任を感じて涙を流している。孫興民はロッカールームでもうな垂れている」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP