주요 기사 바로가기

労働組合委員長も出席した新車発表…GMが運命かけるSUV「トレイルブレイザー」=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.17 13:12
0
韓国GMが死活をかけて開発したシボレー中小型級SUV「トレイルブレイザー」を16日、発表した。韓国GMの今年最初の新車だ。韓国GMは16日、仁川(インチョン)パラダイスシティホテルで「メディアショーケース」を開き、トレイルブレイザーを公開した。トレイルブレイザーはこの日から事前契約に入る。

シボレーSUVラインナップで小型トラックスと中型エクイノックスの間を埋めるこの車は、韓国GMが経営正常化の土台を固めるために準備した野心作だ。仁川富平(プピョン)のGMテクニカルセンターでデザイン、エンジニアリングなどすべての開発が進められ、富平工場で生産する。韓国GMは2018年に韓国政府、産業銀行と共に発表した未来計画に基づき、戦略車種の一つとしてトレイルブレイザーを企画した。当時、韓国GMは5年内に15モデルの新車・マイナーチェンジモデルを出す計画を明らかにした。

新車発表行事にはカハー・カゼム韓国GM社長をはじめ、キム・ソンガプ韓国GM労働組合委員長も出席した。地域経済に及ぼす影響が大きいモデルであるだけに、仁川市長と富平区庁長、富平区の国会議員らも姿を見せた。

キム・ソンガプ韓国GM労働組合委員長は記者らに「この2年間は困難もあったが、トレイルブレイザーを出す過程で労使が会社の生き残りのために協力すべきことは協力してきた」とし「経営正常化は労使共同の目標であるだけに、今後も必要な部分は協力し、工場の稼働再開および安定した職場確保を勝ち取っていきたい」と話した。

カゼム韓国GM社長も質疑応答で「労使は会社と役職員のために確実に未来を築こうという共通のビジョンを持っている」とし「我々はこの2年間、莫大な投資など驚くべき成果を出した。今後も労使が協力していくことを望む」と述べた。

カゼム社長は「5カ年計画で予告した新車15モデルのうち7番目のモデルのトレイルブレイザーの誕生で、製品全体のうちSUVラインナップは60%を超えた。今後70%を超えると期待している」と伝えた。

トレイルブレイザーはデザインでは前面部にシボレー特有のデュアルポートグリルを大胆に適用した。最大全長4425ミリ、最大全高1660ミリ、全幅1810ミリにホイールベース2640ミリで、中小型級としては余裕のある空間を確保した。

1.2LガソリンE-ターボプライムエンジンと1.3LガソリンE-ターボエンジンが等級によって搭載される。トレイルブレイザーに初めて搭載されたE-ターボプライムエンジンは最高出力139馬力、最大トルク22.4kg・m。一方、シボレーマリブに搭載されて性能が検証されたE-ターボエンジンは最高出力156馬力、最大トルク24.1kg・m。

前輪駆動モデルと四輪駆動(AWD)モデルで販売され、前輪駆動モデルは11.6-13.2キロの複合燃費を実現した。燃費13.2キロは同級最高水準。価格はLSが1995万ウォン(約190万円)、LTが2225万ウォン、プレミアが2490万ウォン、アクティブが2570万ウォン、RSが2620万ウォン。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP