주요 기사 바로가기

北朝鮮メディア 「韓米連合訓練」に「韓国国防長官は権限なし」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.13 16:32
0
北朝鮮の対南宣伝メディア「メアリ」が韓米連合軍事訓練に関連して13日、韓国を非難するメッセージを出した。トランプ米大統領が金正恩(キム・ジョンウン)委員長に誕生日を祝うメッセージを伝えたことに関連して「連絡通路」は別にあると主張し、韓国側に対する嘲弄を続けている。

メアリはこの日、ホームページに「変わることがないのは51番目の州の立場」と題した掲示物で「南朝鮮と米国の合同軍事演習の再開をめぐり米国と南朝鮮でさまざまな声が出ている」とし「その中でも特におかしいのは、いかなる権限もなく南朝鮮軍部が分不相応にあれこれ話していることだ」と書いた。

これに先立ち国防部のチェ・ヒョンス報道官は2日、「韓米連合訓練は非核化のための外交的努力を軍事的に支援するために韓米間の緊密な連携のもと調整施行するという基調や立場に変わりはない」と説明したことに対する北朝鮮側の反応と解釈される。猶予または縮小されてきた韓米軍事連合訓練の再開について韓国が米国と「連携」する立場を明らかにしたことに対する皮肉ということだ。

メアリは掲示物で鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官を名指しし、「先日、南朝鮮国防部長官の鄭景斗は北の態度によって合同軍事演習を中断するかを決定するとか、軍事演習を再開するかは今後の情勢を眺めるとか言いながら空騒ぎしていた」とし「あたかも自分たちがわが共和国の態度と今後の情勢によって米国との合同軍事演習の再開を『決定』できるかのようにいうが、本当にあきれる」と批判した。続いて「明確にしておくが、南朝鮮軍部には合同軍事演習について何かを決めるいかなる権限もない」と声を高めた。

メアリは「韓米間の緊密な連携のもと、合同軍事演習を調整施行するという基調や立場に変化はない」という鄭長官の発言を取り上げ、「言い換えれば、米国がしようと言えばして、延期しようと言えば延期するということだ」とし「この一言を話すのが難しく、『北の態度』とか『今後の情勢』とかというでたらめを冗長に並べた」と繰り返し非難した。

また「国防長官でありながら、米国がいつどう態度を変えるか分からずそわそわしている」とし「米国の一介の兵士よりも劣る彼の姿を見て世の中の人々が笑っている」と書いた。

この日の北側の反応に国防部は対応する価値がないという立場だ。韓国国防部のチェ・ヒョンス報道官はこの日の定例記者会見で「いちいち対応する価値を感じない」とし「非核化のための外交的努力を軍事的に支援するため韓米間の緊密な協調のもと(韓米連合軍事訓練を)調整施行するという従来の立場に変化はない」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北朝鮮メディア 「韓米連合訓練」に「韓国国防長官は権限なし」

    2020.01.13 16:32
    뉴스 메뉴 보기
    鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)韓国国防部長官(右)とエスパー米国防長官 [写真 共同取材団]
    TOP