주요 기사 바로가기

<サッカー>柳想鉄監督、すい臓がん闘病を公開…日本からも応援の声

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.25 10:40
0
冬の雨が降った24日、仁川(インチョン)サッカー専用球場。仁川ユナイテッドと尚州(サンジュ)尚武のKリーグ第37節のキックオフを控え、観客席からは「奇跡は必ず起こる。柳想鉄、柳想鉄、柳想鉄」という声が響いた。すい臓がんで闘病中の柳想鉄(ユ・サンチョル)仁川監督の快癒を祈るファンの声だった。前日のK1・2リーグの4試合のように、この日も試合開始前に30秒間、柳監督の快癒を願う拍手が響いた。観客席のあちこちに「柳想鉄監督の快癒を祈る」「柳想鉄は強い」などと書かれた横断幕が設置されていた。

柳監督はこの日、就任後初めてホーム試合で勝利し、ファンの声援に応えた。仁川は文昶辰(ムン・チャンジン、26)とケヒンデ(26、ナイジェリア)の連続ゴールで2-0で勝った。10位を守った仁川(勝ち点33)は11位の慶南(キョンナム)FC(勝ち点32)とシーズン最終戦(30日)で引き分けてもKリーグ1に残留する。

選手の起用が的中した試合だった。後半21分に入った文昶辰(ムン・チャンジン)と後半31分にグラウンドに立ったケヒンデがともにゴールを決めた。先制ゴールが入ると、文昶辰ら仁川の選手が柳監督に向かって走っていった。一部のファンは涙を流した。ケヒンデのゴールが決まった瞬間、競技場の1万1000人の仁川ファンは一斉に歓声を挙げた。

試合後、柳監督は「2019年の最後のホーム試合に多くのファンが訪れてくれて感謝している。良い結果を出せてうれしい」とし「選手たちには『監督のために頑張るという考えは一切するな』と言っている。そういうことは忘れて試合に集中してほしいと伝えている」と話した。

この日の試合は柳監督が19日にすい臓がん4期であることを明らかにしてから最初の試合だった。柳監督は「ファンからもいろいろな話が出て、正確でない内容まで出てきたりするのは自分にも家族にもつらい。いつかは知られることなので発表するのがよいと判断した」と闘病を公開した理由を説明した。

日本Jリーグも柳監督の快癒を応援した。柳想鉄が2年間所属した横浜F・マリノスは23日、松本とのリーグ第32節で「柳想鉄」を叫んだ。柳監督は1999-2000年に横浜でプレーした。横浜のサポーターは「やればできる、柳想鉄」とハングルで書かれた横断幕を観客席に設置した。柳監督は「このまま負けてはいけないと考えた。選手時代にも厳しい時期があったし、経験をしながら成長できたので、今のこの時間もそのようになるのではないだろうか。あきらめない」と強調した。

柳監督の夢は今季をハッピーエンドで終えることだ。柳監督は「最後の試合で引き分けても1部リーグに残留するが、勝てるように頑張りたい」と覚悟を明らかにした。また「私は多くの人たちに知られているのでこのように関心を受けるが、自分と同じような状況の人たちは多い」とし「そのような人たちに希望を与えるためにも完治してこの場にいることができるように最善を尽くしたい。今のように競技場でファンと一緒に呼吸する姿を見せられるように回復する」と誓った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>柳想鉄監督、すい臓がん闘病を公開…日本からも応援の声

    2019.11.25 10:40
    뉴스 메뉴 보기
    かつて所属した横浜F・マリノスのファンが柳想鉄監督の快癒を祈る横断幕を設置した。[写真 横浜SNS]
    TOP