주요 기사 바로가기

今度はオランダPSVアイントホーフェン、絶えない旭日旗論争

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2019.08.29 10:28
0
また旭日旗論争だ。今度はオランダ、しかも韓国ファンにとっては朴智星(パク・チソン)・李栄杓(イ・ヨンピョ)の「古巣チーム」として有名なPSVアイントホーフェンだ。

アイントホーフェンは28日(日本時間)、公式SNSを通じて堂安律(21、日本)の移籍を伝えた。日本国家代表としてもプレーしている有望株の堂安は、オランダ・フローニンゲンでプレーしていたが、このほどアイントホーフェンに移籍することになった。アイントホーフェンはチームのユニフォームのトレードマークである赤の縦縞が入った侍の装いで刀を手にする堂安のカリカチュアとともに「堂安律がアイントホーフェンのユニホームを着ることになった。まもなくメディカルテストが行われる予定であり、移籍手続きは数日内に完了する」と説明した。

問題はアイントホーフェンが堂安の移籍を伝えると同時に使ったカリカチュアの背景が旭日旗模様だったという点だ。旭日旗は旧日本軍旗であり、現日本海上自衛隊旗として使われている旗で、第2次世界大戦戦犯国である日本の帝国主義を象徴している。韓国など被害国家で、ドイツの「ハーケンクロイツ」(鉤十字、ナチス旗)と同じものとして「戦犯旗」だと主張している理由だ。しかし、グローバル市場では旭日旗が堂々と使われていて、国際サッカー連盟(FIFA)や国際オリンピック委員会(IOC)などもハーケンクロイツと比較した時、旭日旗問題の深刻性を認知することができずにいる。

アイントホーフェンの今回の旭日旗論争もこのような認識不足から起きたものだといっても過言ではない。アイントホーフェンは堂安のカリカチュアを見たファンの抗議が続くと、急いで背景画面を旭日旗ではないものに差し替えた。しかし、旭日旗使用に対する謝罪はなかった。だが、フース・ヒディンク監督(73)が指揮したチームであり、許丁茂(ホ・ジョンム)をはじめ朴智星、李栄杓がプレーしたチームとして韓国ファンにも良く知られている。「親韓派」クラブのイメージが強かっただけに、アイントホーフェンの今回の旭日旗論争は韓国ファンにより大きな失望感を抱かせた。カリカチュアの背景を差し替えた後も非難が続いている理由だ。

旭日旗をナチスのハーケンクロイツのような戦犯旗と認識させようとする多くの努力にもかかわらず、まだ世界的に旭日旗に対する認識は大きく変わっていない。特に、グローバルスポーツイベントであるサッカーでは旭日旗論争が絶えず続いている。旭日旗論争の「当事者」ともいえる韓国と日本の試合では、アジアサッカー連盟(AFC)アジアカップやチャンピオンズリーグ(ACL)、そして東アジア杯などで日本応援団が使って繰り返し論争となってきた。

アジアの歴史に対する理解度が低い欧州でも頻繁に旭日旗が使われて論争が起きている。昨年5月に開かれた2017~2018シーズン欧州サッカー連盟UEFA)ヨーロッパリーグ準決勝のアトレティコ・マドリードとアーセナルの試合ではアトレティコのファンが戦犯旗を応援道具として使って物議をかもした。また、今年7月にはスペインメディアのマルカがバルセロナの日本ツアーを伝えるグラフィック写真の背景に戦犯旗を使って論争になった。同年10月にはスペインのラ・リーガが公式SNSアカウントに日本Jリーグでプレーしているフェルナンド・トーレスの便りを伝えながら背景に旭日旗を使い、国際サッカー連盟(FIFA)もロシアワールドカップ(W杯)当時、公式SNSに旭日旗の応援写真を投稿して相次ぐ抗議の末、掲載から9時間後に写真を差し替えることもあった。イングランドプロサッカーのリバプール所属のナビ・ケイタ(24)は自身の左腕に旭日旗図案のタトゥーを入れたが、ファンの抗議を受けて新しい図案に差し替えるハプニングもあった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    今度はオランダPSVアイントホーフェン、絶えない旭日旗論争

    2019.08.29 10:28
    뉴스 메뉴 보기
    28日、オランダPSVアイントホーフェンのSNSに投稿された堂安律の移籍ニュース。当時添付されていた写真(左)には旭日旗の背景が使われて問題が提起された。右はファンの抗議が続いたことを受けて差し替えられた写真。[写真 アイントホーフェンSNS]
    TOP