주요 기사 바로가기

<プレミア12>韓国、日本に善戦 台湾には苦戦

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2019.11.14 11:10
0
自国リーグの規模と戦力で見ると、アジア野球では日本、韓国、台湾の順と評価される。

ところが韓国は国際大会で日本に何度も一撃を食らわせてきた。2000年シドニーオリンピック(五輪)3位決定戦の8回裏、二死二、三塁の場面で李承ヨプ(イ・スンヨプ)の決勝2打点タイムリーを放ったのをはじめ、2008北京五輪の準決勝でも8回の李承ヨプの2ランで逆転ドラマを演出した。

プライドが傷ついた日本はその後、韓国を警戒して勝利への意志を燃やした。しかし韓国は2015プレミア12の準決勝で0-3とリードを許していた9回、一挙に4点を挙げて逆転に成功し、結局、日本で初代チャンピオンになった。2000年以降の両国のプロ選手が対戦した国際大会で韓国は7勝5敗とリードしている。

しかし最近、韓国は格下の台湾に苦戦している。台湾は八百長問題が浮上した後、プロチームが減るなど人気は以前ほどではない。2018アジア競技大会で実業団チーム中心に構成された台湾に1-2で敗れ、12日のプレミア12スーパーラウンドでは0-7で完敗した。

辛勝する試合も増えた。韓国で開催された2017WBC第1ラウンドでは8-3とリードしていたが同点に追いつかれ、延長10回に金泰均(キム・テギュン)の本塁打などで11-8で勝利した。2014仁川(インチョン)アジア競技大会では2-3とリードを許し、8回に4得点して勝った。2013WBC第1ラウンドでは8回の姜正浩(カン・ジョンホ)の逆転2ランで3-2と辛勝した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP