주요 기사 바로가기

<プレミア12>台湾に0-7完敗…韓国野球代表「千葉ショック」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.13 08:06
0
韓国野球代表が台湾に完敗した。金卿文(キム・ギョンムン)監督が率いる韓国代表(世界ランキング3位)は12日、千葉のZOZOマリンスタジアムで行われた2019世界野球ソフトボール連盟(WBSC)「プレミア12」のスーパーラウンド第2戦で台湾(4位)に0-7で敗れた。1次ラウンドからスーパーラウンド第1戦まで4連勝中だった韓国は今大会初めての敗戦。スーパーラウンドの成績は2勝1敗となった。

韓国は左腕の金広鉉(キム・グァンヒョン、31)が先発した。台湾は金広鉉に対応して打線に右打者7人を入れた。1次ラウンド のカナダ戦で最高151キロの直球を投げていた金広鉉の球速はこの日最高147キロにとどまった。台湾は2回表、二死一塁から9番打者ガオ・ユージェ が左中間に二塁打を放って先制した。続いてフー・ジンロンが左前適時打で2-0と点差を広げた。金広鉉は4回、一死二塁からワン・シェンウェイにまた適時打を浴びた。金広鉉は3イニング1/3を投げて8安打3失点と振るわなかった。0-3とリードを許した7回表には元鍾鉉(ウォン・ジョンヒョン)がチェン・ジュンシウに3点本塁打を浴びた。

台湾のホン・イージュン監督は「先発投手ジャン・イー(25、オリックス)のコンディションが良くない」と話していた。ジャン・イーは150キロの速球を武器に1次ラウンドのベネズエラ戦で7イニングを無失点に抑えた。韓国戦を控えて「ジャン・イーが風邪をひいた」という噂が広まった。しかし一種の煙幕作戦だった。

韓国は1回裏、朴ミン宇(パク・ミンウ)の四球、金河成(キム・ハソン)の投手強襲安打で無死一、二塁のチャンスを迎えた。ホン・イージュンのボークもあった。しかし李政厚(イ・ジョンフ)、朴炳鎬(パク・ビョンホ)、金宰煥(キム・ジェファン)が凡打で退いた。2回裏には梁義智(ヤン・ウィジ)の四球と許敬民(ホ・ギョンミン)の安打があったが、その後が続かなかった。ジャン・イーは7回二死まで3安打4四球の無失点に抑え、勝利投手になった。マリンスタジアムの台湾ファンはジャン・イーの名前をコールして拍手を送った。韓国は結局、最後まで得点できなかった。

台湾の人口は2300万人にすぎないが、野球のレベルはかなり高い。一時は2つのプロリーグで11チームを運営するほどだった。アジア選手メジャーリーグ(MLB)シーズン最多勝記録(19勝)を持つワン・チェンミン(王建民)のほか、チェン・ウェイン(陳偉殷、マイアミ・マーリンズ)など優秀な選手も輩出している。戦力では韓国が上回るが、これまでも国際大会で台湾に敗れることが何度かあった。昨年のジャカルタ・アジア競技大会でも台湾に敗れたが、決勝戦で雪辱して金メダルを獲得した。

最近、台湾は国際大会で振るわなかった。軍隊が募兵制に変わり、海外組が代表を辞退する事例が増えた。アマチュア野球を主管する協会とプロリーグを主管する連盟の間の紛争もあった。この問題を解決して今大会には最精鋭メンバーを送り出した。フー・ジンロン 、 リン・ジェシュエンなど元メジャーリーガーを含め、海外経験がある選手14人も合流した。1次ラウンドB組の競技を招致する支援もした。台湾野球専門家のキム・ユンソク氏は「韓国が日本にライバル意識を抱くように、台湾も韓国に対してライバル意識が強い」と説明した。

台湾に一撃に食らったが、東京オリンピック(五輪)行きの競争では依然として韓国がリードしている。アジア・オセアニア地域(韓国、台湾、豪州)最上位チームが東京五輪のチケットを獲得する。韓国は日本と並んで2位タイ(2勝1敗)、台湾は4位(1勝2敗)、豪州は最下位(3敗)だ。韓国がメキシコ(15日)と日本(16日)を勝てば決勝進出はもちろん、五輪出場権も獲得する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP