주요 기사 바로가기

文大統領-安倍首相、4カ月ぶり11分間の単独歓談…青瓦台「友好的・真摯な雰囲気」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.04 13:30
0
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が4日、ASEAN(東南アジア諸国連合)関連の首脳会議が開催されているタイ・バンコクで安倍晋三首相と会い、11分間の単独歓談を行った。

両首脳はこの日、ノボテル・バンコク・インパクトで開催されたASEANプラス3首脳会議を控え、通訳だけを同行させて現地時間の午前8時35分から8時46分まで対話した。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)の高ミン廷(コ・ミンジョン)報道官は「文大統領と安倍首相は非常に友好的で真摯な雰囲気の中で歓談を続けた」とし「文大統領はインドネシア・ベトナム・カンボジア・ラオス・ミャンマーの首脳と歓談をした後、遅れて到着した安倍首相を隣の席に迎えて単独歓談時間を持った」と明らかにした。

両首脳は韓日関係が重要だという意見で一致し、韓日関係の懸案は対話で解決すべきだという原則を再確認したと、高報道官は伝えた。また両国外交部の公式チャンネルで進行中の協議を通じて実質的な関係進展案が導き出されることを希望した。

このほか文大統領は「必要ならより高位級の協議をする案も検討してみよう」と提案し、安倍首相も「あらゆる可能な方法を通じて解決案を模索する努力をしよう」と答えたと、高報道官は伝えた。文大統領と安倍首相が対面したのは6月の20カ国・地域(G20)首脳会議で8秒間の握手を交わして以来4カ月ぶり。文大統領の就任後、両首脳の会談は5回あったが、昨年9月の国連総会が最後だった。

前日にバンコクに到着した文大統領は夕食会で安倍首相と会うと、笑顔で握手をしてあいさつを交わした。文大統領はこの日、ASEANプラス3首脳会議に続いて、持続可能な発展関連の特別昼食会、東アジア首脳会議(EAS)、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)会議などにも安倍首相とともに出席する予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    文大統領-安倍首相、4カ月ぶり11分間の単独歓談…青瓦台「友好的・真摯な雰囲気」

    2019.11.04 13:30
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅大統領と安倍首相が4日午前(現地時間)、バンコクのインパクトフォーラムで開催されたASEANプラス3首脳会議に出席する前、歓談している。[写真 青瓦台]
    TOP