주요 기사 바로가기

文大統領、チョ・グク長官辞任に「葛藤を招いて申し訳ない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.14 16:11
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領が14日、チョ・グク法務部長官が辞意を表明したことに関連し、「結果的に国民に多くの葛藤を招いた点について非常に申し訳なく思う」と述べた。

文大統領はこの日午後、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で首席・補佐官会議を開き、冒頭発言で「チョ・グク法務部長官と尹錫悦(ユン・ソクヨル)検察総長の幻想的な組み合わせによる検察改革を望んだが、夢のような希望に終わってしまった」とし、このように述べた。冒頭発言の最後に「我々の社会には大きな陣痛があった。その事実だけでも大統領として国民に非常に申し訳ない気持ち」と述べ、繰り返し遺憾を表明した。

しかし「決して無駄な夢として終わらなかった」と評価した。文大統領は「検察改革に対するチョ・グク長官の熱意とそのためにあらゆる困難に黙々と耐える姿勢は、多くの国民に改めて検察改革の必要性に対する共感を呼び起こし、検察改革の大きな動力になった」とし「チョ長官が発表した検察改革案は、歴代政権で長い歳月にわたり要求されてきたが、誰も成し遂げられなかった検察改革の大きな一歩」と述べた。

文大統領は検察に対しても「検察改革案の決定過程に検察が参加することで、検察が改革の対象にとどまらず改革の主体になった点に大きな意味を付与したい」とし「検察が自ら改革の主体という姿勢を維持していく時、検察改革はより実効性が生じるだけでなく、今後も検察改革が中断なく発展していくという期待を抱くことができる」と強調した。

メディアにも言及した。「陣痛の中でも意味があったのは、メディアの役割に対して改めて深く考えることができる貴重な機会になったという点」と述べながらだ。文大統領は「メディアの役割については政府が介入できる領域でない」とし「メディアが自らその切迫感について深く省察し、信頼されるメディアのために自ら改革のために努力するよう求める」と語った。

しかし文大統領はチョ長官の指名と任命の適切性には言及しなかった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    文大統領、チョ・グク長官辞任に「葛藤を招いて申し訳ない」

    2019.10.14 16:11
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅大統領が14日、青瓦台で開かれた首席補佐官会議で冒頭発言をしている。 [青瓦台写真記者団]
    TOP