주요 기사 바로가기

<野球>「日本唯一の400勝投手」 韓国系の金田正一氏が死去

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.07 08:28
0
日本プロ野球で投手として400勝し、通算最多勝記録を保持する韓国系の金田正一氏(韓国名・金慶弘)が6日、死去した。享年86歳。共同通信やNHKはこの日、金田氏が急性胆管炎による敗血症のため東京都内の病院で亡くなったと報じた。

韓国系の故人は日本プロ野球で400勝し、通算最多勝記録を保持している。金田氏の通算400勝記録は米国を含む世界プロ野球で3番目。20年間に400勝298敗をマークし、1950-1970年に日本プロ野球の国鉄スワローズ、読売ジャイアンツなどで当代最高の投手として活躍した。通算最多奪三振(4490個)、通算最多完投(365回)、通算最多イニング(5526イニング2/3)という難攻不落の記録を築いた。

金田氏は通算防御率が2.34で、読売は金田氏の背番号34を永久欠番にした。沢村賞を3度も受賞した。パシフィックリーグの最年少(18歳35日)ノーヒットノーラン投手でもある。

金田氏は在日同胞2世として愛知県で生まれた。親の故郷は慶尚北道の尚州(サンジュ)と大邱(テグ)。同じく在日同胞の張勲(チャン・フン)氏(日本名・張本勲)と共に日本プロ野球で活躍し、韓国国籍にこだわった張勲氏とは違って日本国籍に帰化した。

故人は2006年に東京ドームで開催されたワールドベースボールクラシック(WBC)アジアラウンドの韓日戦で始球式をした。

引退後には1973-1978年、1990-91年にロッテ・オリオンズの監督を務めた。記念碑的な成績を残した選手だけが入会できる「日本プロ野球名球会」の初代会長にも選ばれた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <野球>「日本唯一の400勝投手」 韓国系の金田正一氏が死去

    2019.10.07 08:28
    뉴스 메뉴 보기
    金田正一氏(左)と長嶋茂雄元読売ジャイアンツ監督
    TOP