주요 기사 바로가기

飲酒運転摘発の韓国プロ野球選手、引退を宣言

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2019.05.28 09:14
0
飲酒運転で摘発された韓国プロ野球サムスン・ライオンズの外野手パク・ハンイが道義的責任を取って引退を宣言した。

パク・ハンイは27日朝、子どもの登校のために車を運転し、大邱寿城区(テグ・スソング)で接触事故を起こした。問題は飲酒。現場に出動した警察が飲酒測定を実施した結果、血中アルコール濃度は0.065%で免許停止水準と測定された。

球団によると、パク・ハンイは26日、大邱でキウム戦を終えた後、子どものアイスホッケーの練習を見に行った。その後、知人と遅く夕食をしながら酒を飲んで帰宅し、翌日の飲酒運転につながった。事件の経緯について説明を受けたサムスン球団は直ちにKBOリーグ側に関連事実を通知した。

パク・ハンイは悩んだ末、道義的責任を取って引退を決断した。パク・ハンイは「飲酒運転の摘発はいかなる理由であっても許されない。弁解の余地はなく、引退することにした。懲戒、奉仕活動などいかなる措置も誠実に履行する。何よりも自分をこれまで支えてくれた方々と球団に申し訳なく思う」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    飲酒運転摘発の韓国プロ野球選手、引退を宣言

    2019.05.28 09:14
    뉴스 메뉴 보기
    韓国プロ野球サムスン・ライオンズの外野手パク・ハンイ
    TOP