주요 기사 바로가기

休日非公開で8時間…「法務部長官妻の皇帝召喚」=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.04 07:48
0
チョ・グク法務部長官の妻、東洋(トンヤン)大学のチョン・ギョンシム教授が3日、被疑者身分で検察に非公開で召喚され8時間程度の取り調べを受けた。検察が釜山(プサン)大学医学専門大学院と私募ファンド運用会社であるコリンク・プライベート・エクイティ(PE)などを全方向で押収捜索して37日ぶりだ。チョン教授は子供の入試不正と私募ファンド関連疑惑の「中心」という疑いが持たれている。チョン教授は開天節(建国記念日)であるこの日午前9時ごろ、取材陣を避けてソウル中央地検地下駐車場を通じて出席した。

一方、チョン教授は健康状態を理由に取り調べの中断を要求して出席8時間が過ぎたこの日午後5時ごろ、検察庁舎から出た。検察はチョン教授に再び出席要求を通知した。被疑者は取り調べを終えた後、供述調書を閲覧して捺印する手順を踏む必要があるが、チョン教授は捺印さえせず帰宅したという。

当初検察は1階庁舎召喚、「事実上」公開召喚の立場を明らかにした。先月25日、検察関係者は「召喚日程などは決まっていない。ただし、庁舎1階の出入り口を通じて召喚するだろう」と話した。だが、一週間で気流が変わり、チョン教授は非公開で召喚された。この日、検察側は「チョン教授の健康状態に対する心配が提起されたが、国民の関心が高まり通常の召喚方式で出席して不祥事が発生するのではないかという恐れがあった」と明らかにした。

検察内外では最近、検察に向かって「人権尊重と節制」を呼びかけた文在寅(ムン・ジェイン)大統領の言及が非公開召喚に影響を及ぼしたと見ている。文大統領は先月27日、尹錫悦(ユン・ソクヨル)検察総長に直接「人権を尊重する節制された検察権行使」を呼びかけた。翌日である28日には大検察庁の前で検察改革を要求する大規模のろうそく集会が開かれた。

政界では非公開召喚をめぐって攻防を繰り広げた。野党は「皇帝召喚」だとして反発した。自由韓国党のキム・ヒョナ院内報道官はこの日、論評を通じて「当初公開召喚だったのが非公開に転換されたことに対して大統領と与党の圧迫が影響を及ぼしたようで遺憾」とし「生きている権力に屈服した『特別召喚』『皇帝召喚』と言えるだろう。捜査すら権力の顔色をうかがう『手抜き捜査』になってはいけない」と話した。

同時に「フォトラインに立たないのが長官の妻に対する最後の優遇になることを望む」として「検察は法務部長官の妻に対する儀典に気を遣わずに捜査に最善を尽くしてほしい。それが検察改革の始まり」と強調した。 休日非公開で8時間…「法務部長官妻の皇帝召喚」=韓国(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    休日非公開で8時間…「法務部長官妻の皇帝召喚」=韓国(1)

    2019.10.04 07:48
    뉴스 메뉴 보기
    東洋大学のチョン・ギョンシム教授が3日午前9時ごろ、私文書偽造などの疑いでソウル中央地検に非公開で召喚された。この日午前、ソウル中央地検1階玄関の前にフォトラインが設置されている。チェ・スンシク記者
    TOP