주요 기사 바로가기

<大リーグ>柳賢振の価値、カーショーとヒルの間のどの辺り?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.09.23 13:58
0
柳賢振(リュ・ヒョンジン、32、LAドジャース)の市場の価値はどの程度なのか。答えが分かる日は遠くない。

米スポーツメディアのブリーチャーレポートは20日、メジャーリーグ30球団の自由契約選手(FA)契約目標を分析した。ブリーチャーレポートは「ドジャースは昨年、柳賢振がクオリファイングオファーを受け入れると予想できなかったはずだ。柳賢振がこれを受諾して喜んだに違いない」と書いた。

クオリファイングオファーはFAになった選手に元所属球団が提案する1年契約。メジャーリーグ上位125人の平均年俸(今年は1790万ドル、約19億円)を支払う条件だ。柳賢振はドジャースのクオリファイングオファーを受け入れた。結果的にこの決定は双方に最善となった。ドジャースは1年契約でナショナルリーグ最高の先発投手をつかみ、柳賢振は防御率メジャー全体1位(2.35)で自身の価値を立証した。

11月になれば柳賢振はまたFA選手になる。今度はクオリファイングオファーの対象ではない。この1年間で成績と有名税が急上昇した。ブリーチャーレポートは「柳賢振はスーパースターになった。もう彼はFA市場で大型契約をするだろう」とし、柳賢振のFA契約が「高額短期」になると予想した。続いて「柳賢振は2015-18年(肩と太ももの痛みなどで)に41試合にしか出場できなかった。来年33歳になる」と伝え、これまでの負傷と年齢を考慮すると長期契約は難しいと判断した。また「ドジャースが高額短期契約で柳賢振を引き止めるのは難しくない」という見方を示した。

米メディアは年初から柳賢振の契約をドジャースのベテラン投手リッチ・ヒル(39)と比較してきた。ドジャースは3年前、ヒルと3年総額4800万ドルで契約した。年平均1600万ドル(190億ウォン)だ。もう一つの参考事例はドジャースとクレイトン・カーショー(31)の契約だ。今季の前、カーショーはオプトアウト(残余契約を放棄してFA再取得)を行使し、3年総額9300万ドル(1100億ウォン)でドジャースと再契約した。年平均3100万ドルだ。最近メジャーリーグでは打者とは長期契約、投手とは高額短期契約が好まれている。

最近の投手の長期契約は2014年のカーショー(ドジャース、7年・2億1500万ドル)、2015年のマックス・シャーザー(ワシントン・ナショナルズ、7年・2億1000万ドル)、2016年のザック・グレインキー(アリゾナ・ダイヤモンドバックス、6年・2億650万ドル)だ。ドジャースは30代になったカーショーに3年契約を提示した。

柳賢振も変わらない。期間は2、3年とするものの、相当な額の年俸を出す可能性が高い。ドジャースのオファーはカーショーとヒルの間の金額になるとみられる。国内外の専門家は年平均2000万-2500万ドル(240億-300億ウォン)を提示すると予想している。

4年以上の長期契約を望む場合、柳賢振と代理人のスコット・ボーラス氏は他のチームをあたることもできる。米メディアはサンディエゴ・パドレス、シカゴ・ホワイトソックス、ニューヨーク・ヤンキースなどを挙げている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <大リーグ>柳賢振の価値、カーショーとヒルの間のどの辺り?

    2019.09.23 13:58
    뉴스 메뉴 보기
    柳賢振(リュ・ヒョンジン)
    TOP