주요 기사 바로가기

韓経:文大統領「素材・部品自立化、結局は特許技術覇権争い」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.09.20 09:20
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領が19日、「素材・部品・装備自立化の課題もよく見ると特許技術をめぐる技術覇権争い」とし、特許強国の重要性を強調した。

文大統領はこの日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)執務室で開かれた「200万号特許証および100万号デザイン登録証授与式」で、「素材・部品・装備部門で日本が圧倒的に多くの特許を出願したため、後発走者の技術成長に一つの障壁になっている」とし、このように述べた。青瓦台執務室で特許証授与式が行われたのは今回が初めて。日本の輸出規制や米中貿易紛争などで経済の不確実性が高まる状況で、韓国産業界の競争力強化にまい進する努力を激励するためだと、青瓦台は説明した。

文大統領は「技術の自立化は単にR&D(研究開発)を熱心にするだけでは実現しない」とし「従来の特許を回避し、特許紛争が生じれば我々が勝てるように政府が十分にサポートしながら国内外での迅速な特許出願を通じて我々の技術が保護されるようにしなければいけない」と語った。

中小企業技術奪取防止と特許を担保にした資金支援なども提案した。文大統領は「大企業が中小ベンチャー企業の技術を奪えないよう保護する措置と資金能力が落ちるベンチャー企業が特許を担保に初期運営費を使えるようにすればベンチャー企業の育成にも役に立つだろう」と述べた。

文大統領はこの日、200万号特許権者のイ・スンジュ・オルムセラピューティクス代表とこの特許技術を発明したキム・ヨンソン亜洲大教授、100万号デザイン権者のハン・ヒョンソプ代表、デザイン創作者のキム・グァンミョン蔚山大教授に特別特許証とデザイン登録証を授与した。200万号特許登録は1946年に特許制度が導入されてから73年目で、世界では7番目。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓経:文大統領「素材・部品自立化、結局は特許技術覇権争い」

    2019.09.20 09:20
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅大統領が19日、青瓦台本館の執務室で200万号特許権者のイ・スンジュ・オルムセラピューティクス代表(真ん中)に特許証を授与している。イ代表は治療用抗体を細胞内部に浸透させて腫瘍の成長を抑制するバイオ技術で特許を取得した。左側は腫瘍細胞抑制技術を発明したキム・ヨンソン亜洲大教授。 ホ・ムンチャン記者
    TOP