주요 기사 바로가기

<U18野球>韓国、宿敵・日本に延長戦5-4逆転勝ち

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.09.07 10:31
0
韓国U18(18歳以下)野球代表が日本に勝利し、決勝進出の望みをつないだ。韓国は6日、釜山(プサン)機張郡(キジャングン)現代車ドリームボールパークで行われた第29回世界野球ソフトボール連盟(WBSC)世界青少年野球選手権スーパーラウンド第2戦で日本と対戦し、延長10回のタイブレークの末、5-4で逆転勝ちした。

韓国はユシン高の投手ソ・ヒョンジュンが先発した。日本からは最高球速163キロで話題の「怪物投手」佐々木朗希が登場した。しかし佐々木は1回を終えて降板した。制球が乱れ、2回からはマウンドを西純矢に譲った。体に問題があるようだった。

韓国は西から先制点のチャンスをつかんだ。5回裏二死一、二塁の場面でキム・ジチャン(ラオン高)がライト前ヒットを放った。しかし二塁走者のパク・ミンが日本の右翼手・宮城大弥の好返球でホームで刺された。

結局、7回に先制点を奪われた。二死から熊田任洋と水上桂にタイムリーを許して2失点した。しかし8回裏に反転があった。先頭打者のイ・ジュヒョン(慶南高)が安打で出塁した後、キム・ジチャンのバントの打球が投手の頭を越えて安打になった。その後、パク・ジュホン(チャンチュン高)の投ゴロで一死二、三塁とした。4番打者のチャン・ジェヨン(ドクス高)が三振で退いた後、相手の守備が乱れた。ナム・ジミン(釜山情報高)の三塁ゴロで石川昂弥のワンバウンド送球を一塁手の韮澤雄也が捕球できなかった。これで2人の走者が生還した。2-2の同点。韓国は9回裏、二死一、二塁の場面から安打が出たが、二塁走者のカン・ヒョンウ(ユシン高)がまたもホームでタッチアウトとなった。

勝負は延長10回のタイブレークで決まった。日本は犠牲バントで一死二、三塁とした後、武岡龍世のタイムリーで2得点した。韓国は10回裏、パク・ジュホンが犠牲バントをしたが、またも日本の守備に乱れが出た。投手の林優樹が一塁に悪送球し、イ・ジュヒョンがホームを踏んで3-4に追い上げた。続いてチャン・ジェヨンの四球で満塁とした後、シン・ジュンウ(大邱高)も四球を選んで押し出しで同点に追いついた。続く一死満塁でパク・ミンはセンターに犠牲フライを打ち、三塁走者のパク・ジュホンが生還して勝負を決めた。日本側はリタッチ関連のビデオ判定を要請したが、結果は変わらなかった。

エースのソ・ヒョンジュンは6回まで日本打線を無失点に抑えるなど、6イニング2/3を7安打8奪三振の2失点と好投した。イ・ジュヨプ(ソンナム高)-イ・スンヨン(サンウォン高)-チェ・ジュンヨン(慶南高)の継投陣も役割を果たした。

韓国は7日、米国とスーパーラウンド最終戦を行う。この試合に勝てば、相手の成績とTQB(Team Quality Balance、イニングあたり得失)などと比較して決勝戦または3位決定戦に進む。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP