주요 기사 바로가기

<U18野球>韓国に敗戦ショックの日本、決勝での再戦を希望

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2018.09.07 08:58
0
日本U-18(18歳以下)野球代表が韓国に敗れて大きな衝撃を受けた。決勝での再戦を望んでいる。

日本では高校野球の人気が高い。登録されたチームは4000を超える。一方、2018年大韓野球ソフトボール協会に登録されている韓国の高校チームは77。インフラと登録チームの差が大きい。

特に日本全国高校野球選手権が甲子園球場で開催される期間は日本全国が盛り上がる。公営放送NHKがほとんどの試合を生中継する。主要日刊紙のスポーツ面には高校野球関連の記事が並ぶ。

今年で100回目を迎えた全国高校野球選手権の期間中、甲子園球場の観客席はほとんど埋まった。ホームチームの阪神タイガースは大会が開催される間、他の球場で試合をする。開幕戦では元メジャーリーガーの松井秀喜が始球式をし、来年春に天皇に即位する皇太子が観覧した。大会期間中は約100万人が甲子園球場を訪れる。日本のある大学教授は甲子園によって発生する経済効果を年間351億円と推算した。参加チームと選手にとって甲子園出場は大きな誇りとなる。

当然、自国で開催されるU18アジア選手権にも大きな関心が集まる。最近終わったアジア競技大会の野球の熱気とは全く違う。社会人リーグに所属する選手がチームを組んで出場したアジア競技大会当時、日本の取材陣はほとんど球場に来なかった。しかし今回のU18アジア選手権は大会準備期間から関連記事が連日掲載されている。

ファンも同じだ。6日夜の日刊スポーツの記事ランキング1位は日本プロ野球でなくU18アジア選手権の韓日戦に関する記事だった。アジア野球連盟(BFA)によると、3日の香港戦に3200人、4日のスリランカ戦に2600人の観客が入場した。6日の韓国戦には今大会で最も多い1万2000人が球場を訪問した。

韓国に敗れたことで選手やコーチングスタッフのショックはかなり大きい。永田裕治監督は「日本がやるべき粘り強い野球をむしろ韓国がした。日本はフライアウトがあまりにも多かった」と語った。9回表に登板し、最高球速149キロのストレートなどで1イニングを1安打無失点に抑えた根尾昂は「マウンドでは三者凡退に抑えられず、打席(5番打者、3打数1安打1四球)でも自分が情けなかった」と悔やんだ。投手、外野手、内野手をこなせる根尾は日本が26-0で勝った3日の香港戦でサイクル安打(5打数5安打)をマークした。

今大会はアジア競技大会と同じ方式で行われる。A組1・2位チームがB組1・2位チームと1回ずつ対戦するスーパーラウンドで決勝に進出するチームを決める。

歴代の優勝チームと現在の戦力を考慮すると、韓国と日本は決勝でまた対戦する可能性が高い。過去の計11回の大会で日本は5回、韓国は4回、台湾は2回優勝している。

永田監督は「足りない点を補って(優勝まで)3試合すべて勝てるようにする」と反撃を誓った。根尾は「仕切り直して必ず返したい」とリベンジを誓った。韓国戦で3打数2安打をマークした外野手の藤原は「勢いがまだ足りないが、チームの雰囲気は悪くない」とし「(韓国と)また対戦したい」と語った。

「勉強する指導者」キム・ソンヨン韓国代表監督(48、ヤタプ高)は「いい試合をした。日本には吉田輝星という良い選手がいるが、我々にも彼ほどの選手たちがいる」と自信を表した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP