주요 기사 바로가기

<U18野球>日本メディア「韓国、ペットボトルを放置…残念なシーン」

ⓒ 中央日報日本語版2018.09.11 09:57
0
韓国が野球のU18アジア選手権で優勝した。しかし優勝後のマナーが物議を醸した。

キム・ソンヨン監督が率いるU-18韓国代表は10日、宮崎のサンマリンスタジアムで行われた決勝戦で延長10回タイブレークの末に台湾に7-5で破り、同大会通算5回目の優勝を果たした。

しかし試合後の態度に対して日本メディアから批判を受けた。デイリースポーツは10日、「韓国がマウンド周辺にペットボトルを散らかして放置した」とし、マナーの問題を提起した。韓国の選手らが優勝決定後にペットボトルの水をかけ合って歓喜したが、その後、ペットボトルを片づけなかったという指摘だ。

デイリースポーツは「その後に両チームが本塁であいさつをかわしたが、ペットボトルはマウンド周辺に投げられたまま。韓国ナインはそのまま一塁スタンドへのあいさつへ向かった」とし「結局、ペットボトルは投げ捨てられたままで、スタッフが拾い集めて閉会式の準備が進められた。力を見せて優勝しただけに、残念なシーンだった」と指摘した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <U18野球>日本メディア「韓国、ペットボトルを放置…残念なシーン」

    2018.09.11 09:57
    뉴스 메뉴 보기
    野球のU-18韓国代表
    TOP