주요 기사 바로가기

独島防御訓練延期…韓国国防部「さまざまな状況を考慮中」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.08.19 07:36
0
韓国政府と軍当局が8・15光復節前後に計画していた独島(トクド、日本名・竹島)防御訓練を延期する雰囲気だ。日本との対話の可能性が出てきたことを受けてだ。

国防部関係者は18日、「独島防御訓練に対する計画は全て立案できている」としつつも「ただし、時期は流動的に、さまざまな状況を考慮している」と話した。独島防御訓練は外部勢力の独島への接近を遮断し、不法占拠を試みた時に撃退する内容となっている。

政府と軍当局は韓日関係が悪化したことを受け、訓練の規模を大きくして、従来とは異なり外部に公開する方向で検討していた。青瓦台(チョンワデ、大統領府)の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長は6日、国会で「独島防御訓練は海洋警察と陸海空軍がすべて参加する方向で構想している」と話した。

訓練時期としては、対日強硬メッセージを明確に伝えることができる光復節前後が有力視されていた。

しかし、光復節が過ぎたものの訓練は「予定」状態だ。政府消息筋は「台風9号・10号が相次いで北上し、最近東海で訓練できるような気象条件ではなかった」と説明した。陸海空軍、海兵隊、海洋警察も具体的な訓練日程の通知を受けなかった。

軍消息筋は「韓米合同指揮所演習が20日まで続き、北朝鮮が短距離弾道ミサイルと新型ロケット砲を相次いで発射して、独島防御訓練は最近国防部の優先順位で後のほうに回された」と伝えた。

政府が最近、対日葛藤を外交で解決することを決めた後、日本を刺激しかねない独島防御訓練を延期するとの見方もある。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は光復節(解放記念日)の祝辞で「今からでも日本が対話と協力の道に出てくるなら、我々は喜んで手を握るだろう」と明らかにした。

峨山(アサン)政策研究院の申範チョル(シン・ボムチョル)安保統一センター長は「最近訪韓した米国防総省のマーク・エスパー長官が韓日米安保協力を強調したことを受けて、政府が無理に訓練を進めても得るものが多くないと評価したようだ」と話した。

国防部は独島防御訓練が例年の訓練であるだけに欠かすことができないという立場だ。

20~22日に中国北京で開かれる韓日中外相会談中、康京和(カン・ギョンファ)外交部長官と河野太郎外相の会談およびその内容、24日に近づいている韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)延長期限、28日に始まる日本の輸出手続き優待国家(ホワイト国)排除措置など一連の外交的状況を見守った後に訓練日程を確定する展望だ。

政府消息筋は「規模は例年水準に縮小して外部に内容を公開しない方案が有力だ」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    独島防御訓練延期…韓国国防部「さまざまな状況を考慮中」

    2019.08.19 07:36
    뉴스 메뉴 보기
    韓国海軍と海兵隊が2018年6月、独島防御訓練を実施している。[写真 韓国海軍]
    TOP