주요 기사 바로가기

韓国海軍、13日から2日間「独島防御訓練」…日本の反発予想

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.12.13 14:34
0
大韓民国の海軍が13日から2日間、下半期の定例独島防御訓練を独島(ドクト、日本名・竹島)沖で実施する。独島防御訓練は毎年上・下半期に海軍、海兵隊、海警、空軍、陸警などが参加して実施される。今年上半期の訓練は6月18日から2日間実施された。

13、14日に実施される防御訓練には国産駆逐艦「広開土大王」(DDH-1、3200トン級)など艦艇7、8隻、海軍P-3海上哨戒機、UH-60海上機動ヘリコプター、空軍F-15Kなどの航空戦力が参加する。

海軍関係者は「独島防御訓練は定例的な訓練」とし「上半期と似た規模」と説明した。上半期の訓練には「楊萬春」(DDH973、3200トン級)艦艇6隻とP-3哨戒機、リンクスヘリコプター、F-15Kなど航空戦力7機が参加した。

日本政府は韓国政府が定例の独島防御訓練を実施するたびに抗議している。上半期の訓練当時、日本は「断じて容認できない」と外交ルートを通じて抗議した。特に今回は強制徴用被害者判決や和解・癒やし財団解散発表などもあったため日本政府はさらに強く立場を表す可能性がある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国海軍、13日から2日間「独島防御訓練」…日本の反発予想

    2018.12.13 14:34
    뉴스 메뉴 보기
    海軍特戦大隊(UDT/SEAL)および海警特攻隊隊員による2013年の独島防御訓練。(写真=海軍)
    TOP