주요 기사 바로가기

韓国海軍、独島防御訓練…日本「極めて遺憾、中止を強く求める」

ⓒ 中央日報日本語版2018.12.14 06:37
0
韓国海軍が13日から2日間、独島(ドクト、日本名・竹島)近海で艦艇と航空機を動員した防御訓練を実施したことに対して日本が遺憾の意を明らかにした。

外務省は13日、韓国海軍の独島防御訓練関連の資料を通じて「本件は、竹島の領有権に関する我が国の立場に照らし到底受け入れることはできない」としながら「極めて遺憾であり、同訓練の中止を強く求める旨申し入れた」と明らかにした。

これに先立ち、海軍は13日、国防部の出入り記者団に配布したショート・メッセージ・サービス(SMS)に「海軍は(大佐級が指揮する)戦隊級部隊の機動訓練と併行して、13日から2日間、大韓民国の領土である独島を防御する定例的な訓練を実施する予定」としながら「今回の訓練は海軍や海洋警察、空軍などが参加する中で実施され、参加戦力は水上艦と航空機」と明らかにした。

13日午前から始まった今年下半期の独島防御訓練には、駆逐艦「広開土大王」(3200トン級)など艦艇5~6隻やP-3C海上哨戒機、F-15Kなど航空機4~5機が参加したことが分かった。海軍関係者は「今回の独島防御訓練は例年とほぼ同じ規模で実施される」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国海軍、独島防御訓練…日本「極めて遺憾、中止を強く求める」

    2018.12.14 06:37
    뉴스 메뉴 보기
    海軍特戦大隊(UDT/SEAL)および海警特攻隊隊員による2013年の独島防御訓練。(写真=海軍)
    TOP