주요 기사 바로가기

「韓国潜在成長率下落…2026年から1%台に」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.08.12 08:00
0
韓国経済の潜在成長率が2026年以降1%台に落ちるという主張が出てきた。現代経済研究院が11日に出した報告書「潜在成長率下落の原因と対応策」でだ。

報告書は韓国の潜在成長率が2021年から2025年まで2%序盤、それ以降は1%台に低下すると予想した。2016年から2020年まで潜在成長率は2.5%と推定した。

潜在成長率とは一国の資本・労働などすべての資源を活用して副作用なく最大限に実現できる成長率をいう。1990年代初期の韓国の潜在成長率は7%台だったが、通貨危機などを経て急速に下落した。

報告書は潜在成長率を高めるために女性と高齢者の経済活動参加の機会を高め、移民者を積極的に受け入れるべきだと提案した。また投資環境を改善するための規制改革が必要だと強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP