주요 기사 바로가기

「ロナウド欠場」2次訴訟に87人加勢…「チケット代と慰謝料」要求=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.08.10 13:25
0
サッカー選手クリスティアーノ・ロナウド(34、ユベントス)の「ノーショー(欠場)」問題をめぐり2次損害賠償訴訟が提起された。

法曹界によると、ネイバー「ロナウド事態訴訟コミュニティー」会員87人はこの日午後、ソウル中央地裁に親善試合主催会社ザ・フェスタを相手取り損害賠償請求2次訴状を提出した。ザ・フェスタに請求した損害賠償額はチケット代と精神的慰謝料を含む8280万ウォン(約722万円)。コミュニティー側はこの日配布した報道資料で「ザ・フェスタを相手に仮差押えのような保全処分申請などを検討するために速やかに2次訴状に入った」と明らかにした。

ロナウドは先月26日、ソウルワールドカップ競技場で開催された韓国プロサッカーKリーグ選抜チーム「チームKリーグ」とユベントスの親善試合で、主催会社側の広報とは違って試合に出場せず最後までベンチに座っていた。その後、コミュニティー会員2人は先月29日、ザ・フェスタを相手取り仁川(インチョン)地裁に1人あたり107万1000ウォンを請求する1次損害賠償訴訟を提起した。ロナウドとユベントス、ザ・フェスタは詐欺などの疑いでも告発された状態だ。

警察は8日、ザ・フェスタの事務室とサーバー管理会社など3カ所を家宅捜索し、契約関連の書類などを確保した。ザ・フェスタ関係者1人は出国が禁止された状態だ。コミュニティー側は訴訟参加希望者をさらに募集し、来週中に追加の訴訟提起をする計画という。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP