주요 기사 바로가기

ユベントス、試合キャンセル脅迫まで…予想されたロナウド「ノーショー」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.07.31 14:52
0
韓国を相手にした伊プロサッカーチームのユベントスの「蛮行」が次々と明らかになっている。今度は「試合キャンセル」脅迫だ。

「チームKリーグ」との親善試合が開催された26日、ユベントスはソウルワールドカップ競技場に約束したキックオフ時刻(午後8時)に現れなかった。結局、試合開始は58分も遅れた。この日午後8時過ぎ、ユベントス側は試合時間の短縮を要請した。しかし受け入れられなかったため、試合のキャンセルに言及して脅迫したことが確認された。

韓国プロサッカー連盟のキム・ジンヒョン広報チーム長は30日、「ユベントスが『試合時間を前半・後半40分ずつにし、ハーフタイムを10分に減らしたい』と提案した」とし「さらに『キックオフが午後9時でなければ試合をキャンセルするかもしれない』とも話した」と伝えた。プロ連盟側は提案をすぐに拒否した。国際サッカー連盟(FIFA)が規定した試合時間は前半・後半45分ずつで、ハーフタイムは15分だ。

これに先立ちユベントスのマーケティング責任者マルティノ・リモルディ氏は事前ミーティングのため先月訪韓し「入国当日に試合をするが、チャーター機を利用するので無理はない」と自信を持って話したという。プロ連盟によると、ユベントスと主催会社ザ・フェスタは当初、契約書に▼ロナウドのファンサイン会▼ロナウドの45分以上出場▼1軍選手70%含む▼試合時間遵守▼その他の行事--などを盛り込んだ。それぞれに対して違反時の違約金条項も挿入したが、ユベントスはその大半を破った。

ザ・フェスタのチャン・ロビン代表によると、試合当日に後半10分が過ぎてもロナウドが出場しないため、チャン代表はユベントスのネドヴェド副会長に問いただした。しかしネドヴェド副会長は「ロナウドはメンバーに含まれている。ロナウドが出場しなければやむを得ない」と返答した。

ユベントス側は試合後、「ロナウドは筋肉の問題で出場しなかった」と説明した。しかしロナウドは仁川(インチョン)空港に到着した時から出場する考えがなかった状況が次々と表れている。

ユベントスの事情に詳しいあるサッカー関係者によると、ロナウドは24日、中国南京でインターミラン戦にフル出場した。続いて25日に上海に移動し、別の行事を消化した。中国の日程があまりにもタイトだったためロナウドは怒りを表し、ユベントス関係者が困惑していたと、この関係者は伝えた。

ロナウドは24日、SNSに「中国を見るのは常にうれしい」というコメントを載せた。韓国だけが無視されたのだ。

プロ連盟は「ユベントスはもちろん、親善試合承認権者の伊セリエA事務局とアジアサッカー連盟(AFC)に抗議の書簡を送った。ユベントスは無礼で傲慢だった。6万人のファンの裏切られた気持ちを看過できなかった」と背景を説明した。

ユベントスは韓国に12時間滞在し、対戦料などで約35億ウォン(約3億2200万円)を受けた。しかし契約内容を守らなかったことに対してザ・フェスタが違約金を請求してもその金額は7億-8億ウォンという。ザ・フェスタが一部を払い戻してもこの金額は超えない見込みだ。

最も高い40万ウォンの入場チケットを購入したキム・ヨンギョムさん(43、京畿道水原)は「サイン会は徒労に終わり、夜8時に競技場に到着した。しかしビュッフェはすでに終わったということだった。あまりにも頭にきて集団訴訟に参加した」と語った。キムさんのようにザ・フェスタを相手にした損害賠償訴訟の参加者は30日までに2400人を超えた。

一方、この日、観客2人がザ・フェスタを相手取り最初の損害賠償民事訴訟を起こした。請求金額は入場券7万ウォン、手数料1000ウォン、精神的慰謝料100万ウォンの計107万1000ウォン。また、オ・ソクヒョン弁護士が主催会社とユベントス、ロナウドを詐欺疑惑で告発したことを受け、警察が捜査に着手した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ユベントス、試合キャンセル脅迫まで…予想されたロナウド「ノーショー」

    2019.07.31 14:52
    뉴스 메뉴 보기
    30日、スペインメディア「マルカ」のレジェンド賞を受賞したロナウドが、インスタグラムに恋人ジョージナ・ロドリゲスと撮った写真を載せた。韓国での試合欠場問題には沈黙を続けた。[ロナウド インスタグラム キャプチャー]
    TOP