주요 기사 바로가기

ユベントス側「ロナウドは休む必要があった…批判は受け入れ難い」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.08.01 17:07
0
イタリアプロサッカー球団ユベントス側が「ロナウド・ノーショー」事態をめぐる韓国プロサッカー連盟(以下、プロ連盟)の抗議に反論する立場を表した。

31日(現地時間)のロイター通信によると、ユベントスのアンドレア・アニェッリ会長は権五甲(クォン・オガプ)プロ連盟総裁あてに書簡を送り、「ユベントスがファンを無視する無責任で傲慢な行動をしたということに同意することはできない」と反論した。

アニェッリ会長は「クリスティアーノ・ロナウド、ただ一人の選手を除いてすべての選手が試合に出場した」と弁解した。続いて「ロナウドの場合、中国南京での試合に出場した後、ソウルで試合をするまで48時間しかなかった。筋肉に疲労が蓄積し、医療スタッフの助言で休養を取らなければいけない状況だった」とし「ファンを無視する無責任で傲慢な行動という韓国プロ連盟側の抗議は受け入れ難い」と主張した。さらに「ユベントスは誰一人としてKリーグ、大韓サッカー協会またはアジアサッカー連盟に汚名を着せることを望まなかった」と付け加えた。

試合開始前の遅刻事態にも言及した。アニェッリ会長は当時のソウル市内の交通状況に言及し、ユベントスに問題はないと主張した。アニェッリ会長は「ユベントスは試合当日の午後4時30分に到着した。休養を取ったり事前の準備運動をする時間もなかった」とし「ユベントスのバスに警察のエスコートはなく、道路が混雑した状況で約2時間ほど立ち往生した」と説明した。アニェッリ会長は「世界中のどこでも、このような経験をしたことはない」と不快感を表した。

また、当初は今回の親善試合を27日に開催することにしたが、Kリーグの要請で26日に変更し、ユベントス側はこれに伴うリスクを事前に強調したと主張した。

26日にソウルワールドカップ競技場で開催されたユベントスとチームKリーグの親善試合の後、ユベントスは契約不履行、誠意のない態度などで論議を呼んだ。ユベントスの遅刻で試合は予定時間より約1時間遅く始まり、ロナウドは試合に45分以上出場するという約束と違って欠場した。また試合当日にキックオフの時間の議論し、試合時間を前・後半各40分、ハーフタイム10分に減らしてほしいと一方的に要求した。ユベントス側は要求が受け入れられない場合は違約金を出して試合を取り消すという事実上の脅迫もしたことが明らかになった。

競技場を訪れたファンはロナウドが「ノーショー」に続いて取材陣の質問にも応じない姿に失望した。韓国ファンの批判にもかかわらず、ロナウドはイタリア帰国後に「家に帰ってきてうれしい」としてトレーニングする姿をSNSに載せ、ユベントスは公式ホームページに「今回のアジアツアーは成功だった」という趣旨で自画自賛した。

韓国プロ連盟は「ユベントスは無礼で傲慢だった。6万人のファンの失望感を看過できなかった」とし、ユベントスとの親善試合承認権者の伊セリエA事務局、アジアサッカー連盟(AFC)に抗議書簡を送ったと背景を説明した。

一方、一連の事態に怒った韓国ファンは集団訴訟を予告し、一部は個人的にロナウドとユベントスを詐欺罪で告発した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP