주요 기사 바로가기

河野外相、駐日韓国大使を招致「韓国、第2次世界大戦後の国際秩序を覆している」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.07.19 11:35
0
河野太郎日本外相は19日、1965年請求権協定により日本が要請した徴用仲裁委員会の設置に対する韓国側の回答時限(18日夜12時)が特別な回答なしに終わったことに関して南官杓(ナム・グァンピョ)駐日韓国大使を外務省に呼んで抗議した。

この席で河野外相は「非常に残念だ」として「直ちに是正措置を取ることを望む」と話した。河野外相は「韓国がしているのは第2次世界大戦後の国際秩序を根本から覆すこと」と話した。河野外相が南大使との面談後に記者会見で明らかにした内容だ。

河野外相はこの日、今後日本政府の立場も明らかにする予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    河野外相、駐日韓国大使を招致「韓国、第2次世界大戦後の国際秩序を覆している」

    2019.07.19 11:35
    뉴스 메뉴 보기
    河野太郎日本外相
    TOP