주요 기사 바로가기

「YGヤン・ヒョンソク代表、私たちは日本に行って麻薬成分を抜いてくれば良いと脅迫」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.06.14 08:06
0
YGエンターテインメントのヤン・ヒョンソク代表プロデューサーが自社所属のアイドルグループiKON(アイコン)のメンバー、B.I(ビーアイ、本名キム・ハンビン)の麻薬捜査を揉み消すために情報提供者を懐柔・脅迫した情況があらわれた。

3年前麻薬使用疑惑で捜査を受けたYG出身の練習生A氏はパン・ジョンヒョン弁護士を通じてヤン代表が自身を懐柔、脅迫して当時の警察捜査を揉み消したと主張した。パン弁護士は詳しい情況を13日、KBSニュースで明らかにした。

パン弁護士によると、A氏は2016年4月ごろB.Iとともに大麻を吸引したと述べた。このような情況は二人が交わしたカカオトークの対話でも明るみに出た。B.Iは麻薬類の一種であるLSDの購入意向を明らかにして「君とは一緒にやってみたから」「一生やりたい」などの話を交わした。

パン弁護士は「B.Iの要求でA氏が直接麻薬を購入してiKONの宿舎の前で直接渡した」として「B.Iは宿舎の前にある現金自動預払機(ATM)で直接現金を引き出してA氏に与えたと聞いた」と伝えた。

事件が浮き彫りとなるとヤン代表は職員を送ってA氏をYGエンターテインメント社屋に連れてきた。ヤン代表はA氏の携帯電話を先に奪って「君に不利益を与えるのは簡単だ」として脅迫を始めた。

ヤン代表は「わが所属事務所の芸能人は直ちに麻薬検査をしても出てこない」と主張した。彼は「(私たちは)周期的に麻薬検査をしており、もし麻薬が検出されれば日本に送って麻薬成分を抜くことができるために検出にかからないだろう」とし、B.Iに対して供述しても無駄だという趣旨で話した。

ヤン代表は引き続き「当社所属の芸能人がそのような問題で警察署に行くのが嫌いだ」として「だから、私が君に十分に謝礼をして、弁護士も選任するから警察署に行ってすべての供述を覆してほしい」と要求した。

A氏はヤン代表の要求により供述を覆した。警察は供述を覆したためB.Iに対する捜査をすぐに中断した。

一方、13日、公益情報提供者A氏と名指されたYG練習生出身であるハン・ソヒさんはMBC(文化放送)とのインタビューを通じて「B.Iが麻薬を使用したのは事実」という趣旨で答えた。ハン・ソヒさんは「話せば会長に叱られる」としながらも「記者が考えるのが事実」と話した。

ハン・ソヒさんはBIGBANGのT.O.Pとともに大麻を吸引した疑惑で2016年緊急逮捕されて懲役3年に執行猶予4年を言い渡された。

警察はハン・ソヒさんを逮捕した当時、ハンさんの携帯電話を押収し、B.Iとのメッセンジャー対話を確保し、ハンさんがB.Iに麻薬を買ってあげた日付や時間・場所などに対する具体的な供述も聞いたと伝えられた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「YGヤン・ヒョンソク代表、私たちは日本に行って麻薬成分を抜いてくれば良いと脅迫」

    2019.06.14 08:06
    뉴스 메뉴 보기
    YGエンターテインメントのヤン・ヒョンソク代表(写真=韓国ニッカンスポーツ)
    TOP