주요 기사 바로가기

韓国人77%「統一問題より経済問題の解決がより重要」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.06.07 14:48
0
韓国国民の10人中8人は統一問題よりも経済問題の方を重視するという分析が出た。

韓国保健社会研究院の報告書「社会統合の実態診断および対応策の研究(V)」によると、2018年6~9月に全国の満19歳以上~75歳以下の成人男女3873人を対象に対面インタビューを通じて南北統一などの認識を調査したところ、このような結果が出た。

研究チームは調査対象者に「統一問題と経済問題のいずれかを選択して解決しなければならないとしたら私は経済の問題を選択する」という陳述にどれくらい同意するか質問した。その結果、77.1%が「同意」(「非常に同意する」31.84%、「どちらかというと同意する」45.26%)だと分かった。「反対」は6.96%(「どちらかというと反対だ」5.96%、「非常に反対だ」1.0%)にとどまった。「どちらでもない」は、15.95%という集計結果が出た。

「南北が韓民族だからといって、必ずしも1つの国を成す必要はない」という質問には、同意する意見が半数を超え、55.9%(「非常に同意する」15.62%、「どちらかというと同意する」40.28%)となった。「反対する」は16.37%(「どちらかというと反対だ」12.85%、「非常に反対だ」3.52%)で「どちらでもない」は27.72%となった。

また、「統一のためなら自分の生活が少し苦しくなっても良い」に同意する意見は17.12%(「非常に同意する」1.98%、「どちらかというと同意する」15.14%)にとどまった。一方、反対意見は53.24%(「どちらかというと反対だ」34.88%、「非常に反対だ」18.36%)で半数以上だった。「どちらでもない」は29.65%だった。

続けて「南北が統一される方向に韓国社会が変化することをどう思うか」という問いに33.21%が肯定的と答えており、54.08%は「どちらでもない」、12.71%は否定的だと答えた。「韓国と北朝鮮の関係が改善される方向の社会変化」も42.37%は肯定という意見を明らかにし、49.96%は「どちらでもない」、7.67%は否定的だと答えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国人77%「統一問題より経済問題の解決がより重要」

    2019.06.07 14:48
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅大統領(右)と金正恩国務委員長が昨年4月27日午後、板門店平和の家で開かれた南北首脳会談で韓半島の平和と繁栄、統一のための板門店宣言文に署名した後、お互い手を握っている。(写真=青瓦台写真記者団)
    TOP