주요 기사 바로가기

ゴーン前日産会長夫人、「夫が日本で過酷な扱いを受けている」主張

ⓒ 中央日報日本語版2019.01.15 06:46
0
日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告の妻のキャロル・ゴーンさんが、現在日本に勾留されている夫が日本の検察から過酷な扱いを受けているとし、人権団体に助けを要請した。

13日(現地時間)、英紙ガーディアンによると、キャロル・ゴーンさんは国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチ日本支社に送った9枚ほどの書簡を通じて、夫が毎日数時間の取り調べを受けていると主張した。

キャロルさんは「日本では容疑者が弁護士のいない所で日常的に繰り返し尋問を受けている」とし「起訴前まで保釈の可能性はなく、弁護士の接近も制限されている」と明らかにした。

キャロルさんは「実際、夫がこのような扱いを受けている」とし「検察は毎日数時間にわたり、弁護士不在の状況で、夫を尋問し、非難し、叱りつけている」と主張した。

ゴーン被告は昨年11月19日に有価証券報告書に自身の報酬を50億円過少記載した容疑で東京・羽田空港で逮捕された。その後、検察は容疑を追加して再逮捕を繰り返し、ゴーン被告の勾留期間を延長して50日間勾留している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ゴーン前日産会長夫人、「夫が日本で過酷な扱いを受けている」主張

    2019.01.15 06:46
    뉴스 메뉴 보기
    日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告
    TOP