주요 기사 바로가기

中国「ソウルの粒子状物質、中国でなく国内で発生」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.12.29 10:08
0
中国政府が「ソウルの粒子状物質は主にソウルで排出されている」とし、韓国の粒子状物質が中国から飛来するという韓国メディアの報道に反論した。

中国新聞網によると、中国生態環境省の劉友賓報道官は28日の記者会見で「韓国の大気汚染と中国の粒子状物質の関係についていくつか共有したい情報がある」とし「まず、全体的に見ると、公開された観測資料では中国の大気の質は大幅に改善したが、韓国ソウルの微小粒子状物質(PM2.5)濃度はやや高まった」と述べた。

大気汚染物質の成分をみると、2015-17年に微小粒子状物質を発生させた窒素酸化物(NO)の濃度はソウルが中国の北京、煙台、大連などより毎年高かった、と指摘した。

劉報道官は「11月6、7日にソウルで深刻な大気汚染現象が表れたが、中国の専門家の分析によると、11月初めに大規模、高強度の大気移動は発生しなかった」とし「ソウルの汚染物質は主に地域で排出されたもので、報道によると韓国専門家の研究でも似た結果が出た」と強調した。

劉報道官は「大気汚染を含む環境汚染は世界の問題であり、各国が協力して共同対応すべきだ」と述べた。劉報道官は、6月に北京に韓中環境協力センターを開設し、韓国と大気・水・土壌などに関する政策交流と合同研究、技術協力をしていると説明した。また、来年1月に韓中環境協力委員会などを開き、来年の協力計画を議論すると伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP