주요 기사 바로가기

<韓国高校生惨事>警察「一酸化炭素中毒による死亡」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.12.19 16:54
0
警察が江陵(カンヌン)ペンションで個別体験学習を発った高校3年男子生徒が亡くなったり、けがしたりしたことを受け、一酸化炭素中毒によるものだと19日、発表した。

警察は前日である18日、事故の原因とされていたペンションのガスボイラーに対する1回目の鑑識を終え、この日ボイラー会社・ガス安全公社関係者と2回目の鑑識を進めた。

キム・ハングン江陵市長はこの日「飲み物に対しても毒劇物調査を行う」と明らかにしたが、毒劇物からは検出されなかったことが分かった。

一方、消防当局によると、18日午後1時12分ごろ、江原道(カンウォンド)江陵市苧洞のあるペンションで高校3年の男子学生10人が意識を失ったまま発見された。この中で3人は亡くなり、5人は江陵牙山(アサン)病院で、残りの2人は原州(ウォンジュ)キリスト病院で高圧酸素治療を受けている。当時、現場に出動した消防隊員はペンション内一酸化炭素の濃度が正常数値(20ppm)より8倍高かったとし、一酸化炭素中毒による死亡だと推定した。

キム市長によると、この日、負傷学生7人中2人が意識を回復した。臨時休校は大成(テソン)高校長が決めてソウル教育庁側に伝えたことが分かった。

江陵ペンション事故でソウル大成高校はこの日から21日まで臨時休校を決めた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <韓国高校生惨事>警察「一酸化炭素中毒による死亡」

    2018.12.19 16:54
    뉴스 메뉴 보기
    2回目の補強捜査を行っている警察関係者が19日、江陵ペンション事故現場に入っている。
    TOP