주요 기사 바로가기

<韓国高校生惨事>政府「全国ペンション安全点検」…事故が起こってからまた大騒ぎする全数調査

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.12.19 08:09
0
韓国行政安全部は19日午前、災難安全室長の主宰で全国広域団体災害安全担当者間のテレビ会議を開き、全国にあるペンションの安全実態を緊急点検することにした。18日、江陵(カンヌン)のペンションで男子生徒3人が亡くなり7人が意識を失う事故が発生した後に出した対策だ。行安部関係者は「最近、温水管の破裂、KTX脱線など事故が続いていて、地方自治体別に安全脆弱施設の管理を呼びかける」と話した。事故発生後に「脆弱施設の全数調査」という後手行政が今回もまた再演される様相だ。

この日、ペンション事故直後、主要長官が現場に集結した。兪銀恵(ユ・ウンヘ)社会副首相兼教育部長官、金富謙(キム・ブギョム)行政安全部長官、チョ・ヒヨン・ソウル市教育長らがこの日夜、江陵市農業技術センターで緊急対策会議を開いた。この席には江陵市・江陵警察署・江陵消防署・ガス安全公社などの機関関係者が参加して事故収拾について協議した。

金富謙長官は世宗(セジョン)市で開かれた電子政府体験展示館開館式に参加していたが、事故の知らせを聞いて直ちに江陵へ向かった。チョ教育長も事故の知らせを聞いた後、他の日程を中断して江陵へ向かったという。

これに先立ち、文在寅(ムン・ジェイン)大統領はペンション事故の知らせを聞いて兪銀恵教育部長官を現場に急派して状況を管理するよう指示した。金宜謙(キム・ウィギョム)報道官はこの日午後、「文在寅大統領は業務報告を受けているときに事故についての報告を受けて非常に胸を痛めていた」とし「青瓦台(チョンワデ、大統領府)危機管理センターからリアルタイムで状況報告を受けて必要な措置を指示している」と述べた。文大統領は被害者の家族を慰める一方、宿泊などすべての便宜を図るよう指示したと金報道官は伝えた。

教育部は朴栢範(パク・ペクボム)次官を班長として状況点検班を運営する。行政安全部は災難協力政策官を現場に急派して事故収拾に乗り出した。金富謙長官は死傷者別に専門担当公務員を配置して行政支援を行うよう呼びかけた。また、警察庁主管下で関係機関合同調査によって事故原因を究明するよう指示した。

国家トラウマセンターも現場対応に当たる。シム・ミニョン・チーム長は「亡くなった生徒の焼香室の準備が整い次第、遺族の元に挨拶に行く」としながら「重態に陥っている生徒の家族も心理相談などサービスを案内する予定」と話した。シム・チーム長は「事故が起きたソウル大成(テソン)高校の生徒や学校関係者も傷が深いだけに、教育部や教育庁と緊密に協力して相談を行う計画」と付け加えた。国家トラウマセンターは大型災害が起きた時、国家次元の心理支援の必要性が強く叫ばれ、今年4月に国立精神健康センターに設置された。ソウル市教育庁も高校側と協議して学生相談を始めるが、人材が足りない場合は福祉部や女性家族部などに支援を要請する方針だ。

翰林(ハンリム)大聖心(ソンシム)病院精神健康医学科のホン・ヒョンジュ教授は「同じ学校の生徒に発生した事故なので、当事者と仲の良かった生徒に対する心理相談も急がれる」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP