주요 기사 바로가기

サムスンバイオ株の売買停止、長ければ1年…20兆ウォン動けず

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.11.15 09:56
0
14日午後3時30分、サムスンバイオロジクス(以下、サムスンバイオ)の株価は前日比6.7%上昇した33万4500ウォンで取引を終えた。この数字は今後しばらく止まる。

韓国取引所はこの日午後4時39分、サムスンバイオ株の売買停止を決めた。金融委員会傘下の証券先物委員会が「サムスンバイオが会計原則を故意に違反した」と発表した直後だ。この日午後3時30分に取引時間が終わったが、時間外取引から取引停止が適用された。サムスンバイオ株を市場で売買すること自体が基本的に禁止された。

取引停止がいつ解除されるかも分からないが、サムスンバイオ投資家が心配すべき問題は別にある。上場が廃止されないかどうかだ。証券先物委員会の発表と韓国取引所の取引停止公示でサムスンバイオ関連株のインターネット掲示板にはさまざまなコメントが書き込まれている。「上場廃止はいけない」「上場廃止になることは死んでもない」という念願から「国内株式市場史上最悪のバイオ暴落がくる」という予想まで、まさに混沌としている。

取引時間の終了後、10分単位で取引される時間外取引市場もこの日、大きく揺れた。証券先物委員会の発表直前のこの日午後4時30分24秒、サムスンバイオ株式はこの日の終値より0.3%上がった33万5500ウォンで取引が締結された。しかし証券先物委員会の発表直後、そして韓国取引所の取引停止措置直前の午後4時38分59秒には終値比9.87%急落した30万1500ウォンという予想締結値が出てきた。取引所が4時39分を基点に売買を停止したため、実際の取引にはならなかった。しかし「パニック」状態に陥った投資家の現実を如実に表している。

サムスンバイオの時価総額は14日基準で22兆1321億ウォン(約2兆2000億円)。KOSPI(韓国総合株価指数)基準6位の超大型上場企業だ。似た手続きを踏んだ大宇造船海洋も、サムスンバイオの規模とは比較にならないレベルだった。韓国取引所によると、この日基準でサムスンバイオの外国人投資家の比率は9.09%と、KOSPI市場全体平均(22.52%)の半分にもならない。90%以上が国内の個人投資家と機関投資家の所有ということだ。それだけ国内投資家に及ぼす影響が大きい。

ただ、22兆ウォン分の株式が上場廃止される「最悪のシナリオ」が現実になるかどうかを予断するのは早い。まだ多くの手続きが残っているうえ法理攻防も予定されている。韓国取引所は証券先物委員会の決定に基づき、サムスンバイオに対する上場適格性実質審査に入る。適格性審査では、上場を廃止するかどうかではなく、上場廃止対象として審査するかどうかをまず決める。営業日基準で15日以内に終えなければならない。続いて取引所企業審査委員会で上場を廃止すべきかどうかを最終的に判断することになる。これにかかる時間は営業日基準で35日以内だ。

SK証券のイ・ダルミ研究員は「企業審査委員会が財務構造の改善など要請をする場合、取引停止期間は最長1年続く可能性があり、1年が過ぎても再び上場適格性審査を受けなければならない」とし「もちろん上場廃止が決まれば会社は異議申立も可能」と説明した。大宇造船海洋もこうした理由で取引停止期間が1年3カ月も続いた。

ひとまず韓国取引所の関係者は「上場廃止と整理売買を話すのあまりにも早い」」と述べた。業界では上場廃止まではいかないという見方が多い。KB証券のイ・テヨン研究員は「大宇造船海洋、韓国航空宇宙、東亜ソシオホールディングスなど以前の事例を見ると、ほとんどが財務的な安定性に焦点を合わせている」と説明した。財務安全性に深刻な問題がなければ上場廃止にはならないという予想だ。

一方、バイオ銘柄を中心に影響は避けられないとみられる。サムスンバイオ株は売買が停止されるが、ほかの製薬・バイオ株に及ぼす影響まで統制するのは不可能だ。バイオ銘柄の投資家はもちろん、韓国証券市場全体が15日の「恐怖の朝」に備えなければいけない状況だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP