주요 기사 바로가기

<Mr.ミリタリー>米朝関係の悪化で再び3月危機説も(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.08.31 11:54
0
24日、ポンペオ米国務長官が手紙1枚を受けた。北朝鮮の金英哲(キム・ヨンチョル)労働党副委員長が送ったものだった。手紙には「米国が朝鮮戦争の終戦に署名しなければ(北朝鮮)非核化対話は壊れる(may fall apart)」という脅迫性の言葉が書かれていた。4回目の北朝鮮訪問を控えたポンペオ長官はトランプ米大統領に報告した。報告を受けたトランプ大統領はポンペオ長官の北朝鮮訪問を直ちに中止した。数日後、マティス米国防長官は一時中断していた韓米合同軍事演習を「もう中断しない」と発表した。

ポンペオ長官の訪朝中止で開城(ケソン)南北連絡事務所の開設、中国の習近平国家主席の9月9日(北朝鮮政権樹立日)訪朝、第2回米朝首脳会談、さらに9月の南北首脳会談までも影響を受けることになった。もし北朝鮮が米国の強硬姿勢にもかかわらず非核化措置に呼応しなければ、今後、北朝鮮非核化の終着駅は不透明になる。昨年秋の対北朝鮮軍事制裁の雰囲気に戻る可能性もある。その場合、昨年より深刻な韓半島(朝鮮半島)安保危機が訪れるかもしれない。もちろん北朝鮮が非核化のための核兵器および核物質の保有量と位置、重要な核施設、核兵器プログラムとその間の核活動など核リストを公開すれば事情は変わる。

平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)、4・27板門店(パンムンジョム)宣言、6・12シンガポール米朝首脳会談と続いてきた北朝鮮の非核化措置がこうした状況になった根本的な原因は、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の誤った判断のためだ。金委員長が金英哲名義の手紙で「終戦宣言署名」を強要したことに、トランプ大統領は不快感を抱いた可能性が高い。手紙の「対話は壊れる」という部分が、北朝鮮が非核化交渉を「壊す」という意味として聞こえるからだ。トランプ大統領は残忍な隠遁の指導者と認識されていた金委員長を国際舞台に華麗にデビューさせ、「賢い(smart)」「戦略的(strategic)」「強い(strong)」という用語を使って称賛した。にもかかわらず金委員長が非核化の約束を守らず、むしろトランプ大統領を脅迫して怒らせた。

トランプ大統領としては、北朝鮮の非核化がない金委員長の終戦宣言要求は韓米連合防衛体制を弱めるものと見なした。北朝鮮が核兵器を保有した状態で終戦宣言のために韓米連合体制が揺れれば、韓半島防衛自体が難しくなるというのが一般的な判断だ。このため米国は北朝鮮の非核化が先に進んでこそ終戦宣言が可能だというのが基本的な立場だった。こうした脈絡でトランプ大統領が取り出したカードが韓米連合体制を強化する、より大きな合同軍事演習の再開の可能性だ。北朝鮮が最も負担となる合同軍事演習で金委員長を圧力を加えたのだ。昨年12月に韓米空軍が最先端ステルス戦闘機F-22やF-35など戦闘機260機を動員したビジラントエース(Vigilant ACE)は金委員長には脅威だった。ステルス戦闘機はいつでも密かに北朝鮮上空に入って攻撃できる。

金委員長が好意的だったトランプ大統領を脅迫することができた自信は核兵器の傲慢によるものとみられる。専門機関などによると、北朝鮮は昨年6回目の核実験を終えた後、核兵器の生産に専念している。すでに20-60個の核弾頭を生産したという。核兵器材料の高濃縮ウランを生産しているだけでなく、寧辺(ヨンビョン)ウラン濃縮施設も改良している。北朝鮮の2、3カ所の濃縮施設で2020年までに最大140-150個の核弾頭を作ることができるという見方もある。このため核兵器生産体制が整っていなかった昨年と、すでに相当の量の核弾頭を蓄積した現在の北朝鮮は、戦略的位置づけが完全に変わった。豊渓里(プンゲリ)核実験場の破壊も、核兵器製作能力を備えた北朝鮮としては足手まといとなるものを捨てただけだ。したがって今後、保有する核兵器を維持しようとする北朝鮮と、これを廃棄しようとする米国の本格的なゲームが始まる見通しだ。
<Mr.ミリタリー>米朝関係の悪化で再び3月危機説も榁2)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP