주요 기사 바로가기

<サッカー>韓国代表の新監督、ポルトガル代表を率いたパウロ・ベント氏に決定

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.08.17 08:24
0
2012欧州サッカー選手権大会(ユーロ2012)でポルトガルを4強に導いたパウロ・ベント氏(49、ポルトガル)が韓国代表の監督を引き受ける。2022年カタールW杯までの4年間、韓国代表チームを率いる予定だ。

大韓サッカー協会の関係者は16日、「次期代表監督の選任のために8日に欧州に渡ったサッカー協会のキム・パンゴン代表チーム監督選任委員長がベント氏を新しい指揮官に指名し、16日に帰国した。鄭夢奎(チョン・モンギュ)大韓サッカー協会長(56)の最終承認を経て17日に公式発表する予定」と明らかにした。

ベント氏は契約期間、200万ユーロ(約2億5000万円)程度の年俸を受け、住宅、車、通訳が提供されるという。2003年1月から翌年4月まで韓国を指導したウムベルトゥ・コエリョ元監督(68)に続いて歴代2人目となるポルトガル出身の韓国代表監督だ。

キム・パンゴン委員長は先月9日、新監督選任作業を始めた。韓国と欧州を2回行き来し、ベント氏のほか、キケ・フローレス元アトレチコ・マドリード監督(53、スペイン)、スラベン・ビリッチ元クロアチア代表監督(50、クロアチア)、カルロス・ケイロス元イラン代表監督(65、ポルトガル)ら約10人の指導者と直接または間接的に交渉した。

キム委員長は▼W杯予選通過経験▼大陸別国家対抗戦優勝または世界的リーグ優勝経験--を新監督の選任条件とした。ベント氏はポルトガル代表監督当時にユーロ2012で4強に導き、自国の名門スポルティングの指揮官としてFAカップ2連覇(2007・08)を果たした。国際大会の履歴と戦術的指向、指導哲学、リーダーシップなど全般的に高い点数を受けた。

サッカー協会の関係者は「アジア圏に来ることを避けようとする多数の指導者とは違い、ベント監督は韓国代表チームを引き受けることに積極的だった」とし「試行錯誤を最小化して早期に代表チームを掌握できる指導者だと判断した」と述べた。

ベント氏は選手時代、守備型ミッドフィルダー(MF)として活躍した。1992年から2002年までポルトガル代表でAマッチ35試合に出場した。ルイス・フィーゴ、ルイ・ コスタと共にユーロ2000と2002W杯に出場した。2002韓日W杯グループリーグの韓国戦に出場した縁もある。当時、ポルトガルは朴智星(パク・チソン)に決勝ゴールを許して0-1で敗れたが、偶然にも韓国戦がベント氏のAマッチ最後の試合だった。

ベント氏は2004年に引退し、指導者に変身した。スポルティングのユースチームを率いて経験を積み、2005年に1軍監督に昇格した。2009年まで229試合で139勝(39敗51分け)し、勝率は60.7%。カップ大会で4回優勝し、トーナメントに強い。ルイス・ナニ、ジョアン・モウティーニョらを発掘し、選手育成能力も認められた。

ベント氏は2010年から4年間、ポルトガル代表チームを率いた。ポルトガル代表監督としての勝率も55%(44試合24勝9敗11分け)と高い方だ。祖国ポルトガルをユーロ2012で4強に導いた。守備からの逆襲を狙ったが、準決勝で惜しくもスペインに敗れた。

ベント氏は両サイドのウイングとフルバックの攻撃加担を活用し、中央MFを守備に加担させる。4-3-3および4-2-3-1フォーメーションを好む。よく走って闘争心あふれる選手を好み、選手時代から目立っていた強いカリスマで選手団の雰囲気を掌握するスタイルだ。自分のサッカー哲学と合わないという理由でジョゼ・ボシングワやウィリアム・カルバーリョのようなスタープレーヤーを外すこともあった。勝利した後の記者会見でもあまり笑顔を見せない。不快な質問には答えない。ブラジルのクルゼイロ、ギリシャのオリンピアコスでも監督を務めた経験がある。

ベント氏の選任に対し、一部のネットユーザーは批判の声を出している。ポルトガル代表を率いて出場した2014年ブラジルW杯でグループリーグ敗退した点、今年は中国スーパーリーグの重慶力帆で振るわず7カ月で退いた点を指摘している。ポルトガル監督時代にはファンから「ロナウド依存」という非難を受けた。

サッカー界の関係者は「韓国サッカーファンの間で人気があったスペインのキケ・フローレス氏の代わりにベント氏がくると伝えられ、一部から懸念の声が出ているのは事実」とし「キケ・フローレス氏は立派な指導者だが、年俸と契約期間でサッカー協会と隔たりがあり交渉をあきらめた」と伝えた。

別のサッカー関係者は「キケ・フローレス氏をはじめ、多くの候補が韓国行きに消極的だった。それだけ韓国サッカーの地位は高くないという意味」とし「ベント氏が『最上』かどうかは分からないが、『最善』の選択とは見ることができる」と話した。

◆パウロ・ベント氏

出生:1969年6月20日(ポルトガル・リスボン)

身長:175センチ

選手時代のポジション:守備型ミッドフィルダー

主要経歴:ポルトガル代表Aマッチ35試合、ユーロ2000、2002W杯出場

監督経歴:ポルトガルのスポルティング・リスボン(2005-09)、ポルトガル代表(2010-14)、ブラジルのクルゼイロ(2016)、ギリシャのオリンピアコス(2016-17)、中国の重慶力帆(2018)

監督主要経歴:ポルトガルFAカップ優勝(2007、2008)、ユーロ2012ベスト4

特徴:ポルトガル代表チームの土台を築いたという評価。強力なカリスマで選手指揮。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>韓国代表の新監督、ポルトガル代表を率いたパウロ・ベント氏に決定

    2018.08.17 08:24
    뉴스 메뉴 보기
    2002年韓日W杯当時、韓国代表と対戦した元ポルトガル代表のパウロ・ベント氏(左)が韓国代表の新監督に決まった。当時ポルトガルは韓国に0-1で敗れた。右は朴智星(パク・チソン)。(中央フォト)
    TOP