주요 기사 바로가기

文大統領「慰安婦問題、韓日外交紛争につながらないことを望む」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.08.15 08:06
0
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は光復節(日本による植民地支配からの解放記念日)の前日の14日、旧日本軍慰安婦被害者問題について「私はこの問題が韓日間の外交紛争につながらないことを望む」とし「両国間の外交的解決法で解決する問題とも考えない」と述べた。

文大統領はこの日、初めて国家記念日に指定されて天安(チョナン)の国立墓地「望郷の丘」で開かれた「日本軍慰安婦被害者をたたえる日」の行事で「(慰安婦問題は)我々は自らと日本を含む全世界が女性全体の性暴力と人権問題について深く反省し、二度と繰り返さないという覚醒と教訓にしてこそ解決する問題」と話した。文大統領は「日本軍慰安婦問題は韓日両国間の歴史問題にとどまらず、戦時女性性暴力の問題、人類普遍的な女性の人権の問題」と強調した。

こうした文大統領の発言は、北朝鮮の非核化問題解決のために日本の協力が必要な点、日朝関係改善の可能性などを考慮し、日本に柔軟な姿勢を見せたという評価が出ている。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係者は「光復節の祝辞にも未来志向的な韓日関係を強調する内容が主に入るだろう」と伝えた。

文大統領は「政府は被害者の女性との持続的な疎通に誠意を尽くす」とし「被害者中心の問題解決という国際社会の人権規範に基づき、女性を問題解決の主体として尊重し、名誉と尊厳の回復のための記念事業も最善を尽くして推進する」と述べた。

一方、文大統領はこの日午前、青瓦台で主催した独立有功者・遺族招請昼食会で「来年、三一独立運動と大韓民国臨時政府樹立100周年を迎えるが、政府は北との共同事業として安重根(アン・ジュングン)義士の遺骨発掘事業を進める」と伝えた。文大統領は4・27南北首脳会談でこうした内容について北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長と合意した。文大統領は「正しい報勲は、国のために犠牲になった人たち全員を最後まで捜し出し、記憶して報いることで完成する」と強調した。

昼食会には安重根義士の孫のファン・ウンジュさん、ひ孫のアン・ドヨンさんをはじめ独立有功者および遺族およそ240人が出席した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    文大統領「慰安婦問題、韓日外交紛争につながらないことを望む」

    2018.08.15 08:06
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅大統領が14日、青瓦台で独立有功者および子孫と記念撮影をしている。
    TOP