주요 기사 바로가기

【コラム】難民、純血国家の韓国をノックする(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.06.26 14:08
0
それだけではない。済州4・3事件当時かろうじて生き残った男たちは山から下りてこっそりと漁船に乗った。日本に密航する危険な船だった。「在日」と呼ばれる在日朝鮮人は81万人、住民基本台帳カードには依然として「朝鮮人」となっている。移民と難民を合わせて慣れない地に散って生きている同胞は計743万人にのぼる。韓国のディアスポラ、民族離散の歴史はそれほど長くて悲しい。

そのためか、外国で発生する天災地変とテロ、各種事故のニュースに韓国人の安否が必ず伴う。ねばっこい同胞愛、強い保護膜だ。ところがその中には種族純血主義がとぐろを巻いていることも看過できない。種族純血主義は戦乱の最も致命的な因子だった。90年代にバルカンで勃発したかの悪名高い人種清掃はもちろん、シリア宗派紛争にも純血主義の影がちらつく。中東3国に分散したクルド族は種族国家建設が願望だ。未来の火薬庫だ。

一方、カナダのような移民国家には共同体の連帯感が純血主義に代わる。純血国家でもむしろ人種の連帯感を重視するスウェーデンのような国もある。20年前、ストックホルム市内の広場で変わった風景を目撃した。30代後半の男性が押すベビーカーには黒人の赤ちゃんが眠っていた。民族主義が強いバイキングの子孫が早くから人種の連帯感を実践する風景に粛然たるものを感じた。

韓国は果たして純血国家なのか。人類学的、考古学的研究によると「違う」。モンゴルの首都ウランバートルの人種博物館にはアジア大陸に広がって暮らす約40人種のろう人形が展示されている。すべて見慣れた顔だ。ソウルと釜山(プサン)で、束草(ソクチョ)と海南(ヘナム)で、よく目撃される類型の顔だった。叔母のようであり叔父のようだ。高麗の俗謡「双花店(サンファジョム)」に出てくる回回親父、「処容歌(チョヨンカ)」の処容は西域人だった。故鄭周永(チョン・ジュヨン)会長は北方系、故朴泰俊(パク・テジュン)会長は南方系だ。申采浩(シン・チェホ)と崔南善(チェ・ナムソン)が檀君の遺物を探して満州をさまよい白頭山(ペクドゥサン)を登頂したのは、日帝の天孫降臨説と敵対するためだった。民族の連帯感の種を探そうとしたのであり、血統の証明ではなかった。

大韓民国は事実上、多人種混血国家だ。名称が少しぎこちない「多文化家庭」人口も100万人を超えた。少子化対策に100兆ウォン(約10兆円)を注ぎ込んでも世界最低出生率を更新する我々はもう難民、移民政策を大幅に改めなければいけない。いつまで門を閉めて生きることはできない。難民問題を済州だけに任せておけない理由だ。

宋虎根(ソン・ホグン)/中央日報コラムニスト/ソウル大客員教授
【コラム】難民、純血国家の韓国をノックする(1)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP