주요 기사 바로가기

「不参加」通知のペンス米副大統領と「ただ遅れた」安倍首相(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.02.12 10:29
0
1/3
文在寅大統領(右)は9日午後、平昌オリンピック開会式に出席するために訪韓した安倍晋三首相と首脳会談を行い、懸案について議論した。(青瓦台写真記者団)
日本政府のブリーフィングでは「本当に重要なヤマ場はオリンピック以降だ。最大限の圧力を加えるという方針が揺らいではいけない」という安倍首相の発言が紹介されている。しかし文大統領が「内政干渉」と述べた「韓米訓練中断」に関する安倍首相の発言は抜いた。ある日本の記者が「合同訓練の実施に言及したのか」と尋ねたが、日本政府当局者は「圧力を強化して最大限に(対北朝鮮)圧力を高めるべきだということで(意見が)一致した」としながらも「これ以上の対話は公開するのが難しい」と述べた。記者から関連の質問が続いたが、日本当局者は「これ以上の説明は難しい」という返答を繰り返した。

両国首脳は朴槿恵(パク・クネ)政権当時に締結された慰安婦合意案をめぐっても隔たりを表した。青瓦台の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官のブリーフィングにあった両首脳の対話内容だ。

「慰安婦合意は国家対国家の合意であり、政権が代わっても守らなければならないというのが国際原則だ。日本は合意を最終的かつ不可逆的なものと受け止めて約束を守ってきただけに、韓国政府も約束をすべて実行してほしい」 (安倍首相)

 
「慰安婦合意が解決していないという決定は、前政権の合意以降、慰安婦被害者と国民が合意内容を受け入れなかったからだ。慰安婦問題は被害者の名誉と尊厳を回復し、その方が受けた心の傷が癒える時に解決する。政府間のやり取りする形の交渉で解決されるものではない。慰安婦問題を本当に解決するためには被害者の名誉と尊厳を回復し、心の傷を癒やせるよう両国政府が継続して共に努力していかなければいけない」 (文大統領)

金報道官は、「(両首脳は)お互い言うことだけを言ったのか」という質問に対し、「そうだ。慰安婦問題について全般的に自由に意見を交わした」と答えた。日本当局者のブリーフィングには「日韓合意は国家と国家の約束だ。日本政府はすでに約束をすべて履行していて、韓国側も日韓合意で最終的かつ不可逆的な解決を確認した以上、合意の約束をすべて実行することを望む」という安倍首相の発言が含まれている。しかし「被害者の名誉と尊厳」などに言及した文大統領の発言は抜けた。


「不参加」通知のペンス米副大統첗と「ただ遅れた」安倍首相(1)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP