주요 기사 바로가기

<Mr.ミリタリー>中国の真珠の首飾りか、米国のダイヤモンドか…韓国の選択は?(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.12.22 10:51
0
中国の一帯一路と米国のインド太平洋戦略が韓半島(朝鮮半島)で衝突している。一帯一路は中国のグローバル化戦略の一環であり、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は参加すると述べた。中国の覇権拡大に対応した米国のインド太平洋構想はトランプ米大統領の訪韓時に共同声明で言及された。しかし韓国政府は米国の構想に現在としては参加しないと保留した。こうした政府の立場は韓国が米国から抜け出して中国の影響圏に入っていく重要な指標だ。

韓米および韓中首脳会談を終えた文大統領の最近の動きは、米国側に置いていた両足のうち片足を中国にかける姿だ。政府は北朝鮮の核武装が迫っているが、平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)を平和的に開催するという名分で韓米連合軍事訓練のキー・リゾルブ、トクスリ訓練を延期しようと米国側に要請した。連合訓練は中国が要求する「双中断」に該当する。連合訓練の延期は北朝鮮を平昌五輪に誘引する効果もあるが、結果的に中国の立場を聞き入れたということだ。

文大統領が習近平国家主席のグローバル化戦略の核心である一帯一路に参加すると言及したのも同じ脈絡だ。韓国が米国のインド太平洋構想への参加を保留した立場は、韓米関係から片足を抜こうという意図とみられる。中国と米国の巨大戦略が衝突する状況で、韓国は左向け左で中国の影響圏に入っている。

中国の一帯一路戦略とは何か。習主席が2013年に打った布石だ。「世界の機会を中国の機会に変え、中国の機会を世界の機会に変える」という習近平主席の構想に基づき、陸上のシルクロード(一帯)と海上のシルクロード(一路)を同時に構築するというものだ。一帯一路の陸・海上シルクロードには44億人の人口と世界経済の29%に相当する21兆ドルが関連している。2014年には習主席と李克強首相が30カ国を訪問し、一帯一路を広報した。それほど情熱を注いでいる戦略だ。一帯一路の陸上シルクロードは韓半島から中国を通じて中央アジアにいたる過去のシルクロードを拡張し、ロシア・欧州までつなぐというものだ。

問題は海上シルクロードだ。ここには韓半島の西海(ソヘ、黄海)を中国の近海と見なし、台湾から沖縄-日本南側海上まで完全に中国が統制するというのが1次目標だ。いわゆる中国が定めた第一列島線だ。中国は2025年までに第一列島線内に米海軍はもちろん米国の軍事力が入れないようにするという計画を持つ。中国が第一列島線の内側の海上を掌握すれば、韓国と日本のほとんどの海上輸送物流量は中国の統制を受けることになる。東南アジア・インド・アフリカ・欧州と輸出入する韓国の物流量が第一列島線内の海を通過する。中東から入る原油も同じだ。結果的に中国が韓国と日本の首輪を握る深刻な状況が発生する。このため南沙群島(スプラトリー諸島)と西沙群島(パラセル諸島)などで海上紛争がすでに生じている。中国が南沙諸島の無人島に軍事基地と滑走路を一方的に建設した。ベトナムの海底油田開発チームを威嚇して追い出したりもした。

第一列島線の外側の太平洋に拡大する第二列島線は日本の東側の海上からサイパン・インドネシアまで続く。中国は最終的に米国を第二列島線の外側に押し出すという。可能性は低いが中国の戦略が成功すれば、米国の軍事力は太平洋戦争以前に後退することになる。中国の遠大な計画はこれだけではない。海上シルクロードは東南アジア・インドネシアを通過し、インドとパキスタン、中東と地中海を経てギリシャにいたる。明の鄭和艦隊の遠征路を受け継いだのだ。中国は海上シルクロードに自国の海軍を駐留させるため、カンボジアのシアヌークビル、ミャンマーのシットウェ、バングラデシュのチッタゴン、スリランカのハンバントタ、パキスタンのグワダル港をつなぐ海軍基地ネットワークを構築した。こうした中国の海軍基地ネットワークをつないでみると、その形が真珠のネックレスのように見えるため「真珠の首飾り戦略」(Srting of Pearl Sterategy)と呼ばれる。

中国が2025年までに原子力空母を含む6隻の空母を保有するという理由もこのためだ。中国は昨年だけでも20隻の新型艦艇を配備した。中国はこの海上路保護を目的に米軍を遮断するための具体的な作戦計画も持つ。中国周辺に来る米空母と在日米軍基地を弾道ミサイルで打撃し、米軍事衛星を破壊しながらサイバー攻撃で混乱させ、米軍の指揮統制機能をまひさせるというものだ。また、中国はアジアインフラ投資銀行(AIIB)を設立し、シルクロード基金も創設し、シルクロード周辺国を間接的に攻略している。
<Mr.ミリタリー>中国の真珠の首飾りか、米醍のダイヤモンドか…韓国の選択は?(2)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP