주요 기사 바로가기

高騰する平昌五輪地域の宿泊施設価格「予約もよく受け付けない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.11.27 17:09
0
2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)が開かれる平昌と江陵(カンヌン)地域の宿泊所施設の価格が天井知らずに高騰している。普通の宿泊施設の料金体系はオフシーズン、準シーズン、シーズン、ピークシーズンに分かれているが、五輪が開かれる平昌・江陵地域の宿泊所は「五輪期間」という料金体系を追加した。これはこの期間、宿泊客にはピークシーズンの2~3倍高い料金を要求する。

ピークシーズンにも179000ウォン(約1万8000円)の12坪2人部屋の価格は現在44万8000ウォンまで上がっている。最大13人まで入ることができる60坪の広い客室は一夜に178万3000ウォンに達する。宿泊施設に問い合わせしてみると、業者の主人は「むしろ平昌で宿泊せずKTXを利用して日帰りをしてください」として予約を受け付けないという奇現象も現れる。

天井知らずに高騰している理由は何だろうか。ある事業主は高い理由に対して「外国人観光客が来るから」としてコメントを控えた。事情に暗い外国人観光客を対象にした特需を享受しようとする思惑とされる。

このように平昌冬季五輪の特需を享受しようとするこの地域の宿泊施設の行動に江原道(カンウォンド)も乗り出した。江原道や平昌郡、江陵市は宿所をとんでない高い価格に出した業者に直接訪ねて説得したりもするなど努力しているが、強制的に規制できる手段はない。これを受け、江原道は10月から3回にわたって事業主を集め、適正価格と空室に対する懸念を説明した。背後都市に適正な価格の宿泊施設が多いため、外国人観光客だけを信じていると空室事態が発生する可能性も少なくないということだ。

江原道は外国人観光客を相手にした不当な料金を根絶しようと近い将来五輪統合案内コールセンターを作って江陵市もタスクフォース(TF)を構成して翌月から取り締まりに出る。TFは江陵市の空室情報案内システムに登録されていない宿泊施設と過度な料金を要求する宿泊業者を持続してモニタリングして建築法、駐車場法、公衆衛生法、消防施設など不法事項を取り締まる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP