주요 기사 바로가기

韓経:平昌五輪入場券、半分以上が売れた

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.11.27 09:43
0
開幕を約70日後に控えた2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)大会が「聖火リレー効果」で入場券の販売率が50%を越えた。2018平昌冬季オリンピック大会および冬季パラリンピック大会組織委員会(以下、組織委)は26日、「開・閉会式をはじめとする種目別入場券が今月24日基準で目標値107万枚のうち55万5000枚を販売して販売率52%を記録した」と明らかにした。

組織委は「大会開幕G-100日から始まった入場券オフライン販売が聖火リレーの熱気とともに活気を帯びながら今月初めまで31%にとどまっていた販売率が顕著な増加を示している」と説明した。ショートトラックやフィギュアなど一部の競技入場券は残余席がないほど人気が高く、他の種目も販売が伸び続けているというのが組織委の説明だ。

冬季五輪入場券購入者にはさまざまな特典がある。入場券所持者は五輪文化行事の観覧はもちろん、高速鉄道KTXの早期前売り・割引や高速道路通行料の免除、サービスエリアでのサービス、シャトルバス無料利用、一部五輪スポンサーの商品割引などの特典が受けられる。入場券はオンラインまたは全国各地のオフライン販売所〔ソウル・江陵市(カンヌンシ)庁、江原(カンウォン)道庁、仁川(インチョン)・金浦(キンポ)空港、KTX駅舎など〕で購入可能だ。組織委のキム・ジュホ企画広報副委員長は「平昌五輪入場券の販売がG-100日を基点に満席達成に向けて加速している」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP