주요 기사 바로가기

韓経:平昌五輪を控えて「スマイルコリア」キャンペーン

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.12.22 10:51
0
韓国観光公社は「いつも笑う大韓民国-2018平昌冬季オリンピック、あなたの明るい笑顔が大韓民国の印象になります」というスローガンで本格的な観光客歓待キャンペーンを行う。

キャンペーンは2016-2018韓国訪問の年と2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)に向け、全国民的に歓待の意識を向上させ、江原道民の親切なおもてなしムードを高めるために準備された。

仁川(インチョン)国際空港をはじめ、ソウルおよび五輪開催都市(平昌・江陵・旌善)、江原道(カンウォンド)主要都市(春川・原州)で来年5月14日まで親切キャンペーン広告が展開される。交通、飲食、案内の3部門の親切サービス広告は、空港・ターミナル・市内バス・大型ショッピングセンターなど市民の注目度と観光客の通行量が多いところで集中的に推進される。

公社は21日、平昌アルペンシアリゾートで開かれた「2017-18江原訪問の年」宣言式で、親切ムード形成のためのKスマイルキャンペーンを行った。来年2月に江陵(カンヌン)総合競技場一円で開催される「G-1年オリンピックフェスティバル」でも、参加者と観覧客を対象にした大規模なKスマイルキャンペーンを行う予定だ。

カン・オクヒ韓国観光公社国際観光振興本部長は「平昌冬季五輪ブームを作るために、現場キャンペーン、テレビドキュメンタリー制作、広告など全面的な平昌五輪歓待キャンペーンを展開する計画」とし「これをきっかけに全国民的な親切文化を定着させて観光客の満足度を高めれば、外来観光客の再訪問促進に寄与するだろう」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP