주요 기사 바로가기

霧でDMZ行き断念したトランプ氏「国会演説後に行けるのか」残念がる

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.11.09 09:27
0
ドナルド・トランプ米大統領の非武装地帯(DMZ)訪問への意志は強かった。8日朝、DMZを訪ねようとしたが悪天候で行けなかったトランプ大統領は参謀陣に「国会演説後にDMZを訪問できないのか」と再び確認し、次の日程のために断念せざるを得なかったという。

トランプ大統領はこの日予定されていた国会演説のために午前11時ごろ国会を訪れた。当初午前10時45分ごろ到着して丁世均(チョン・セギュン)国会議長などと約15分間の事前歓談をした後、11時ごろ演説を始める予定だったが時間が遅れることで歓談が3~4分程度しか行われなかった。

国会本庁3階の国会議長接見室で行われた歓談にはメラニア夫人、レックス・ティラーソン国務長官、マクマスター安保補佐官が参加し、韓国側では丁議長や禹元植(ウ・ウォンシク、民主党)・鄭宇沢(チョン・ウテク、自由韓国党)・金東喆(キム・ドンチョル、国民の党)・朱豪英(チュ・ホヨン、正しい政党)院内代表などが出席した。

歓談参加者によると、トランプ大統領は歓談会議場に到着するやいなや「霧のせいでDMZを行くことができなかった」と話を始めたという。その後、演説場所である本会議場に行く直前、参謀陣に「国会演説が終わってからはDMZを訪問できないのか」と尋ねた。これに対し、ジョン・ケリー秘書室長が「中国訪問の航空機日程があり難しい」と答えた。トランプ大統領は多少残念な表情だったという。すると、丁議長が「望む日程をすべて消化することができなかったので、今度韓国に来られてDMZを訪問すればどうだろうか」と提案したという。当時、出席者は「トランプ大統領が『分かった。次に来れば必ず行きたい』と答えた」と伝えた。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)によると、トランプ大統領は8日午前、専用ヘリコプターである「マーリンワン」に乗ってDMZへ向かっていたところ、霧や黄砂など悪天候で京畿道坡州(キョンギド・パジュ)近くで回航した。文大統領もDMZ付近までヘリコプターで移動し、天候悪化で途中で乗用車に乗り換えDMZに到着したがトランプ大統領の訪問取りやめを聞いて青瓦台に復帰した。

両国首脳のDMZ同行は文大統領が前日、単独会談で「日程を調整してでも訪問してほしい」と提案したと青瓦台関係者は伝えた。トランプ大統領は「秘書室でそのような日程の提案があり迷っているが、どうすれば良いだろうか」と助言を求めた。これに対し、文大統領が「行って状況を見た方が良いだろう。私も同行する」としてDMZ行きが決まった。今度はやむを得ず実現できなかったが、前にも韓米首脳が共にDMZを訪問したことはない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP