주요 기사 바로가기

<大リーグ>LAメディア、「柳賢振と前田健太が並んでブルペン陣のオーディションに」

ⓒ 中央日報日本語版2017.09.21 15:19
0
米メジャーリーグのポストシーズンが近づいている中で、ロサンゼルス・ドジャースの柳賢振(リュ・ヒョンジン)と前田健太が結局、ブルペン陣のオーディションを受けることになった。

ドジャースのデーブ・ロバーツ監督は20日(韓国時間)、残りの正式シーズンに柳賢振と前田健太がブルペンで投げる姿を目にするだろうと明らかにした。

前田健太は22日、フィラデルフィア・フィリーズ戦でシーズン終盤の先発として登板をする予定で、柳賢振の日程は決まっていない。

 
これに対し、カリフォルニア州地元紙「オレンジ・カウンティ・レジスター」は「ドジャースのポストシーズンの先発ローテはクレイトン・カーショウ、ダルビッシュ有、リッチ・ヒル、アレックス・ウッドで構成されるものと見られる」とし「柳賢振と前田がポストシーズンのロースターに入ることができる唯一の道はブルペンだ」と伝えた。

ロサンゼルス地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」も「柳賢振と前田健太のブルペン行きは驚くようなことでない。ポストシーズンで両選手から得られるメリットを見極める必要がある」とし「両選手いずれも先発投手だったが、シーズン序盤にリリーフ投手として登板した」と伝えた。

ドジャースで先発投手として活躍してきた柳賢振と前田健太だが、先発投手が多いドジャースでポストシーズンの先発投手は難しくなった。今後、残りのシーズンの間にブルペンの投手としてどのような姿を見せるかによってポストシーズンでブルペン陣に入るかどうかが決まるものと見られる。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP