주요 기사 바로가기

韓国20代男性、就職準備するほど心に傷…うつ病40%急増

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.08.17 11:15
0
「女性の同期はほぼ就職した。後輩も一人二人と就職している。TOEICや資格取得などの準備のため、アルバイトもできず経済的に両親に頼り切っている。いつからかプライドが底に落ちた私は…大韓民国『就準男(就職を準備する男)』」

青年就職難でこうした20代後半就準男のうめき声が大きくなっている。昨年、韓国青年失業率が2000年代以降最高の9.8%を記録し、女性よりも社会進出時期で出遅れた男性のプレッシャーが相対的に大きくなっている。

就職ストレスは20代男女に共通する問題だが、特に20代後半男性は簡単ではない現実を訴える。資格取得試験を準備している大学生のキムさん(26)は「女の友達はほぼ就職した。打ち解けられるのは同じような境遇にある男だけだ。最近は誰がもっと不幸なのか嘆くのに忙しい」と話した。

公認会計士の試験を準備している大学生ユンさん(27)は「受験生活3年間、親に小遣をもらっていたが、今回落ちればまた無心しなければならない。恥知らずな息子になった自分が情けない」と吐露した。大学生のイさん(26)は「同じ年代の恋人はまだ学生の私を子供扱いし、一緒に大学に通う女性の後輩は私の事を『化石』と呼ぶ。どこにも属せない自分の境遇は村八分同然」と話した。

就職ポータル「ジョブコリア」と「アルバモン」が最近、このような就準生762人を対象にアンケート調査した結果、88.4%が「プライドを傷つけられたことがある」と答えた。プライドを傷つけるのは「私自身」だとする回答者は59.3%で最も多かった。

このような現象が最近の20代男性の「心の病気」につながっているという分析も登場している。国民健康保険公団によると、2010年1万5773人だった20代男性のうつ病患者数は2015年2万2186人へと40%増加した。同期間、3万127人から2万9545人に約1.7%減少した20代女性とは対照的だ。

これについて、国立精神健康センター小児青少年精神科のチェ・ジョンウォン科長は「人生を悩み答えを見つける、いわゆる『分別がつく』時期が、男性の場合は遅くやってくる。レースに乗り遅れた20代後半の男性が困惑している理由だ」と分析した。延世(ヨンセ)大社会福祉学科のソン・インハン教授は「『遅くやって来た思春期』を体験する20代後半男性は、自我アイデンティティを形成する訓練ができないままに就職という現実に直面することになる」と説明した。

ソン教授は「男性中心主義が残存している韓国には『男性はこうあるべき』という基準が高いが、そのような偏見を充足できなかった時、自ら苦痛を味わう。男性中心社会の表と裏の顔だ」と指摘した。高麗(コリョ)大社会学科のユン・インジン教授は「韓国社会には男性が生計の責任を負うべきだという性役割の認識と社会的な期待がある。準備ができていない就準男たちは圧迫感でさらなる苦痛を受けることになる」と話した。

このような自己恥辱感そのものが男性中心的観点という分析もある。就職適齢期を越えた「就準女」は男性よりも殺伐とした「就職絶壁」を経験するためだ。統計庁が11日に発表した「7月の雇用動向」によると、先月の20代雇用率は女性が60.7%で男性(57.6%)より3.1%ポイント高いが、30代は男性が90.6%だった一方で女性は59.5%にとどまった。昨年、韓国労働研究院が発表した男性正規職従事者比率は61.5%であり女性は38.5%だった。

◆「教育過程を変えて就準生の余裕を持たせてやるべき」

ソン・インハン教授は「韓国の教育過程が自ら悩みながら、自己について考える余裕を持てるようなシステムに変わっていかなければならない」と指摘する。チェ・ジョンウォン科長は「誰かと比較せず、心配せずに自分の人生を生きることができたとき、就準男が感じる孤独や苦しさが消える。数値だけに依存する採用の現実を離れてこそ、20代男性が創造的に勉強して経験を積むことができる」と指摘した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP