주요 기사 바로가기

韓国国情院、大統領選書き込み・NLL対話録事件を調査

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.07.12 13:57
0
国家情報院(国情院)が「積弊清算タスクフォース(TF)」の調査13項目を確定したと11日、明らかにした。徐薫(ソ・フン)国情院長は就任後、国情院改革発展委員会を構成し、そこに積弊清算TFを設置した。積弊清算TFが調査する事件はすべて国情院の国内政治介入をめぐる論争を呼んだものだ。

徐院長はこの日、国会情報委員会の全体会議に出席し、与野党の情報委員にこうした内容を報告した。共に民主党所属の金炳基(キム・ビョンギ)議員は「国情院積弊清算TFが▼2012年大統領選の国情院書き込み事件▼2012年のセヌリ党の西海(ソヘ、黄海)北方限界線(NLL)関連南北首脳会談対話録公開▼ソウル市公務員スパイ証拠ねつ造事件▼「朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長制圧」関連文書▼チュ・ミョンホ元局長の青瓦台(チョンワデ、大統領府)秘線報告▼蔡東旭(チェ・ドンウク)元検察総長取り調べ--など計13件の事件を調べる」と述べた。

また盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の「畦時計事件」と「イタリアハッキングプログラム(RCS)を利用した民間人査察および選挙介入疑惑事件」も調査する。該当事件は李明博(イ・ミョンバク)、朴槿恵(パク・クネ)大統領時代に論議を呼んだ懸案。「畦時計事件」は権良淑(クォン・ヤンスク)夫人が朴淵次(パク・ヨンチャ)元泰光(テグァン)実業会長から1億ウォン相当の高級時計を受けたが、検察の捜査が始まると畦に捨てたという内容だ。2009年に盧元大統領が検察の捜査を受けた当時、あるメディアで報道されて波紋を呼んだ。当時の捜査責任者だった李仁圭(イ・インギュ)元最高検察庁中央捜査部長は2015年のインタビューで「この報道は国情院の主導で行われた」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP