주요 기사 바로가기

インターネット平均速度が最も速い国は?=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.03.15 14:31
0
韓国が昨年第4四半期のインターネット平均速度は世界1位となり、12四半期連続で先頭となった。広帯域インターネットの普及率も全分野で1位を維持した。

アカマイコリアが発表した「2016年第4四半期のインターネット現状報告書」によると、韓国のインターネット速度が26.1Mbps(メガビット毎秒)で、世界で最も速いという調査結果が出た。インターネット平均速度が25Mbpsを上回った国は韓国だけだった。

2位はノルウェー(23.6Mbps)、3位はスウェーデン(22.8Mbps)、4位は香港(21.9Mbps)、5位はスイス(21.2Mbps)の順だった。4・10・15・25Mbps広帯域インターネットの普及率も97%、83%、64%、34%で世界1位を守った。

世界インターネットの平均速度は7Mbpsとなった。前四半期より12%、昨年同期より26%早くなった。4・10・15・25Mbps世界広帯域インターネットの普及率は昨年同期に比べて15%、31%、37%、45%増加した。

新しいインターネットアドレス体系であるIPv6の導入率はベルギーが前四半期より20%増加した47%で世界で首位となり、韓国は1.7%にとどまり38位となった。欧州6カ国が上位10位入りを果たした。アジアはインドが唯一14%(9位)で、10位入りした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP