주요 기사 바로가기

【社説】AIが率いる第4次産業革命、主導しなければ遅れを取る=韓国(2)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2017.01.08 13:12
0
このようにAI、ロボット、モノのインターネット、自動運転車、3Dプリントなど先端技術は、経済・産業分野のあらゆる既存の原則を崩し新たなパラダイムを創造し、第4次産業革命を主導している。韓国が第4次産業革命で生き残ろうとするならまず技術格差の解消が急務だ。世界最高水準である米国と比較して韓国のAI技術は75%、自動運転技術は80~90%と評価される。これに追いついて第4次産業革命時代の主導国としての立地を確立するのは政府と民間すべての時代的使命だ。AIが率いる第4次産業革命はあまりにも超高速で進化するため遅れを取らないようにするには主導するしかない。

このためには果敢な研究開発投資を通じた技術革新の手綱を緩めないだけでなく、創意的技術開発に向けた積極的な規制緩和と制度的支援も合わせて必要だ。それだけではなく技術、法規、保険、慣習などの標準と制度制定をめぐる各国間の主導権争いも国の生き残り次元から綿密に備えなければならない。これは大学と研究所・企業だけでなく、政府と国会まで腕まくりしなければならない事案だ。今年はAIをめぐる各国の技術革新と商用化の「真剣勝負」元年になるためだ。

もちろん第4次産業革命には影もある。代表的なものが雇用不安だ。韓国雇用情報院は今後10年以内に1575万件の雇用がAIやロボットに代替されるという見通しを最近出した。こうした滔々とした流れは誰も避けるのが容易でないだろう。韓国政府はこのような変化にともなう社会的衝撃を緩和するために教育システムと産業人材養成政策の構図から新しく作らなければならない。一生にわたり新しい業務能力を育てられるよう社会教育システムも整えなければならない。何よりAIが科学技術や産業の問題だけでなく、教育・労働・福祉など多様な分野で果敢な改革が必要な汎社会的課題であることを認識しなければならない。これは大韓民国という共同体の繁栄と生存のために必要不可欠な国政課題だ。(中央SUNDAY第513号)
【社説】AIが率いる第4次産業革命、主導しなければ遅れを取る=韓国(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP