주요 기사 바로가기

【コラム】世界の鉄道産業、技術革新で追いつこう=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.09.29 10:11
0
「イノトランス(InnoTrans)」は世界各国の鉄道関連の新技術が展示される博覧会だ。今年はドイツのシーメンス、フランスのアルストムなど2870社余りの企業が参加した。ビッグデータ・人工知能を活用した鉄道維持管理や交通手段の連携技術など第4次産業革命にともなう革新技術が未来の主軸になっていることが確認できた。大韓民国の鉄道技術展示館も設置されて高速の総合検測、鉄道車両用のベアリングなど技術成果を披露した。

鉄道は定時運行が可能で輸送能力が優れ、環境に優しい。車両・部品素材・信号・制御・通信などの先端技術が複合しており前・後方の産業関連性も高い。ドイツのSCIVerkehrによれば世界の鉄道市場は毎年3.4%成長して2018年には230兆ウォンへ拡大すると予想されている。

ドイツのシーメンスは鉄道システムに、フランスのアルストムは高速車両・先端軽電鉄に、日本は車両製作企業が共同生産を通じて海外進出を強化している。中国は自らの技術力を確保し、インドネシア高速鉄道事業を受注するなど驚くべき成長をしている。

韓国は2004年に技術移転を通じて高速列車(KTX)を導入し、2009年に国産KTX-山川(サンチョン)を開発した。今年2月に都市型リニアモーターカーを開発して仁川(インチョン)空港に開通し、動力分散型の高速列車(ヘム)を開発して慶全(キョンチョン)線区間に導入する予定だ。

しかし国内の鉄道技術は先進国に比べて83%水準であり、鉄道市場は年間1兆ウォン(約900億円)規模で世界市場の2%に過ぎない。核心部品も海外に依存しており世界の鉄道市場の流れと韓国の技術水準を分析して対応戦略を立てていかなければならない。

最初に、鉄道車両1両に3万5000個余りの部品が入るだけに部品企業を育成しなければならない。フランスは鉄道クラスターTransalleyを構築し、自国の鉄道部品の約40%を生産している。部品生産は中小企業に適合する品目なので研究開発と事業化を支援すれば雇用創出と鉄道産業の競争力向上に寄与できるはずだ。

2番目、R&Dを通じて開発された技術の検証基盤と初期市場の形成が重要だ。このために鉄道運営機関のR&D参加を拡大し、開発された製品を使うようにして技術検証と購買市場を同時に確保しなければならない。

3番目、海外市場進出のための戦略も必要だ。鉄道協会の調査によれば鉄道企業の海外進出時の最も大きいジレンマとしてネットワークと金融支援不足を挙げる。体系的な技術金融、海外進出企業とのメンター・メンティ関係、技術ロードショーなど多様な輸出支援パッケージを汎政府レベルで用意していかなければならない。

4番目、IT技術を組み合わせて未来の鉄道技術のR&Dに集中投資しなければならない。ICTやIoTなどを融合した遠隔監視・制御、知能型統合管制など先導的な技術を確保してこそ世界市場を先行獲得していけるはずだ。

競争が激しい世界の鉄道市場で政府・産業界・研究機関が協力すれば次期イノトランスでは韓国技術がワールドプレミア技術として展示されて全世界の人の注目を浴びることができると期待する。

キム・ビョンス国土交通科学技術振興院院長

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP