주요 기사 바로가기

<インタビュー>トランプ氏、韓米FTAに手をつける可能性低い(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.12.09 15:46
0
韓米自由貿易協定(FTA)妥結の主役、金鉉宗(キム・ヒョンジョン)韓国外大教授(57、元通商交渉本部長)は格別の突破力と自信で世間の耳目を集めてきた「話題の人物」だ。2004年に長官級の通商交渉本部長に抜てきされ、多くの難関の中で韓米FTAを実現させたのに続き、国連大使、サムスン電子社長でも活躍した。その金教授が最近、また大きな成果を出した。米国のボイコットで張勝和(チャン・スンファ)ソウル大教授の再任が挫折した世界貿易機関(WTO)上級委員に、激しい競争を勝ち抜いて先月23日に選出されたのだ。金教授の専攻は通商法だが、関心はそこにとどまらない。父が外交官であり、大学時代に国際政治学を専攻したためか、世界的な懸案に対する識見も備えている。その金教授がこの半年間、トランプ共和党候補が当選する場合の世界について綿密に調査した。金教授の知恵を聞くために先月21日に会い、29日には電話で追加のインタビューをした。

--米国では誰に会ったのか。

「6カ月前から機会があればワシントンを訪問し、トランプ氏に近い人たちを含め、民主・共和党の元・現上下院議員と政策決定者、シンクタンク専門家らに会った。特に最近の2カ月間は1カ月以上も米国に滞在していた。それ以前は2、3週ずつ2回行った」

--トランプ氏の特徴は。

「3つある。彼は予測不可能だという非主流交渉家の典型的な特徴を持つ。本人はすべて知りながらも閣僚の任命をめぐり一貫性がないように見えるのもこのためだ。2つ目は予想できないほど大規模にするという点だ。3つ目として、前の2つの原則を実現するために自分だけの高級情報を収集するという事実だ」

--そのようなトランプ氏が大統領選挙の公約を守るだろうか。

「当選後に彼が話すトーンと内容を見ると、大きく変わったのが分かる。トランプ氏はキャンペーン当時、『韓国と日本が核武装をしてもかまわない』と述べた。しかし当選後は『私がいつそのような話をしたのか』と否認した。それだけでなく『メキシコとの国境に障壁を築く』と話した。今は鉄条網に変わった。ムスリムの入国を遮断するという公約も彼の公式ウェブサイトからこっそりと消えた。最も強調した不法滞留者追放問題も当初は1100万人を追い出すと主張していたが、300万、200万人に減った。すでにトランプ氏の考えがキャンペーン当時の約束とは大きく変わっている」

--韓国関連の公約もすべて変わるということなのか。

「注目すべきことは、公約のうち守るのが容易なものと難しいものがあるという事実だ。米国安保政策の基本枠は誰が大統領になってもほとんど変わらない。トランプ氏も同じだろう。ただ、対外政策のうち簡単に手をつけることができる部分もある。通商だ。このためトランプ氏は最初に北米自由貿易協定(NAFTA)を公正にしようと主張する可能性が高い。次は環太平洋経済連携協定(TPP)で、これはオバマ政権も放棄したものであり、復活するのは難しい。その後、韓米FTAに手をつける可能性があるが、個人的には我々が先に追加交渉をしようと言わない限り、そうなる公算は小さいと考える」

--韓米同盟は問題ないのか。

「ホワイトハウス国家安保補佐官に内定したマイケル・フリン氏がすでに『韓米同盟は重要だ』と述べた。しかしフリン氏をはじめとするタカ派の主な関心事はイスラム国(ISIS)とシリアだ。我々の国家安保は米国と直結している。したがって米国がISIS、シリア事態にどれほど介入し、どれだけエネルギーを使うのか正確に把握してこそ、北核問題への対処レベルが分かる。米国がISIS・シリアをはじめ、イラク・欧州連合(EU)・中国など他の地域により多くの力を注げば、北核問題は優先順位で後回しになるしかない」

--防衛費の分担金と米軍の撤収はどうなるだろうか。

「トランプ氏が考慮する韓国関連イシューは2つだ。まず在韓米軍の費用として我々が9000億ウォン(約900億円)、米国が1兆ウォンを負担する。次は韓米FTAであり、米国側の貿易赤字は増え、雇用は減り、自国に不利な条約ということだ。しかしトランプ氏が出す数字はサービス分野での100億ドルの黒字と78億ドルにのぼる武器販売の部分が抜けている。我々はこの事実を強調しなければいけない」

--どのように対処するのがよいのか。

「ひとまず『引き上げることはできない』と主張し、『米軍の韓半島駐留による恩恵も見てみよう』と受け返さなければいけない。日本の保護と中国の浮上に対する牽制は米国の主要目標であり、トランプ氏にも在韓米軍は重要だ。ただ、留意するべきことがある。先日、マイク・ペンス次期副大統領がミュージカルを見に行き、観衆と俳優から侮辱を受けた。これを聞いてトランプ氏はひどく怒ったという。その理由は自分が標ぼうしてきた『米国をもう一度偉大に(Make America Great Again)』という精神をこの人たちが尊重しなかったと考えたからだ。ここで見るように我々の希望を成し遂げるには米国の顔を立てなければいけない。『我々が望むのはこれであり、あなたが必要なのはこれだから、お互いうまくやろう』という形で接近しなければいけない」

--具体的に話してほしい。

「たとえ防衛費分担額を引き上げることになっても核心的な反対給付を得なければいけないということだ。核廃棄物再処理の許容、韓国ウォン-米ドル間の通貨スワップ締結、衛星打ち上げロケット技術の移転、3000トン級原子力潜水艦建造の許容、800キロに制限されたミサイル射程距離の拡張、この5つを得られればそれなりに意味はあると考える」

--在韓米軍が撤収すればどうするべきか。

「米国が撤収しても本土ではなくグアムに移転するだろう。簡単には撤収できないだろうが、このような状況が発生すれば我々は空軍と海軍を強化しなければいけない」

--北朝鮮の核問題はどうなるのか。

「米国が望むのは我々が解決策を提示すればそれについていくことだ。米国が中国を圧迫するのも我々の解決策がないからだ。米国は韓国が韓米同盟から離脱することを最も心配する。したがって我々はまず南北交流を断絶させた5・24措置を段階的に緩和し、平壌(ピョンヤン)と対話するのが望ましい。こうしたレベルで次の大統領当選者の最初の海外訪問先はワシントンや北京ではなく平壌になるべきではないだろうか」
<インタビュー>トランプ氏、韓米FTAに手をつける可能性低い(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <インタビュー>トランプ氏、韓米FTAに手をつける可能性低い(1)

    2016.12.09 15:46
    뉴스 메뉴 보기
    最近WTO上級委員に選出された金鉉宗(キム・ヒョンジョン)韓国外大教授は先月21日、「トランプ政権との交渉を成功させるにはお互い顔を立てなければいけない」と強調した。
    TOP